ライター紹介

亀井徳明

亀井徳明

『テレパル』創刊準備のために編成された、テレビ局専門取材チーム「ISプレス」の元メンバー。各テレビ局ごとに担当がおり、毎日テレビ局の広報や宣伝部を拠点に局内を徘徊、情報収集。「その日に仕入れた情報はその日のうちに処理する」ことが宿命だったため事務所は“不夜城”となっていた。「テレビPABLO」では、その頃の経験に基づいた「懐かし番組」などを執筆中。現在はフリーで活動している。

亀井徳明の投稿記事
宮沢りえ、27歳の美貌と運命 オランダ人・シーボルトの娘を熱演した17年前の夜~2000年『ドラマ「おいね~父の名はシーボルト」』より/懐かし番組表
Read More

宮沢りえ、27歳の美貌と運命 オランダ人・シーボルトの娘を熱演した17年前の夜~2000年『ドラマ「おいね~父の名はシーボルト」』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月23日にタイムスリップ。 17年前の今日、2000年4月23日の『テレパル』番組表からはNHK衛星第2(現在のBSプレミアム)21時30分『ドラマ「おいね~父の名はシーボルト」』に注目する。2000年は日本とオランダの交流が始まって400年目という節目の年で、出島のあった長崎では様々な記念イベントが行われていた。このドラマもその一環で、日蘭文化交流び中心的人物・シーボルトの娘で、日本初の西洋産科専門の女医にいなった“オランダおいね”こと楠本いねの生涯を描いた作品…

コラム 懐かし

宮沢りえ、27歳の美貌と運命 オランダ人・シーボルトの娘を熱演した17年前の夜~2000年『ドラマ「おいね~父の名はシーボルト」』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
ダウンタウン松本×SMAP中居が教師役でダブル主演、漫才まで披露の“伝説”バディ~2000年『伝説の教師』より/懐かし番組表
Read More

ダウンタウン松本×SMAP中居が教師役でダブル主演、漫才まで披露の“伝説”バディ~2000年『伝説の教師』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月22日にタイムスリップ。 17年前の今日、2000年4月22日の『テレパル』番組表からは日本テレビ21時『伝説の教師』をクローズアップする。ダウンタウンの松本人志とSMAPの中居正広がダブル主演で教師役を務めた学園ドラマ。お笑い界、アイドル界の頂点に立つ2人の共演、特に松本人志は友情出演やゲスト出演ではない形での本格出演は初の作品にして初主演作。松本は原案も担当している。主題歌はハイロウズ(↑THE HIGH-LOWS↓)が書き下ろした『青春』。当時着メロにした…

コラム 懐かし

ダウンタウン松本×SMAP中居が教師役でダブル主演、漫才まで披露の“伝説”バディ~2000年『伝説の教師』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
クドカン×堤幸彦×長瀬智也!窪塚洋介も坂口憲二も妻夫木聡も山下智久…そして高橋一生も!光るキャスティング~2000年『池袋ウエストゲートパーク』より/懐かし番組表
Read More

クドカン×堤幸彦×長瀬智也!窪塚洋介も坂口憲二も妻夫木聡も山下智久…そして高橋一生も!光るキャスティング~2000年『池袋ウエストゲートパーク』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月21日にタイムスリップ。 17年前の今日、2000年4月21日の『テレパル』番組表からはTBS21時『池袋ウエストゲートパーク』に注目する。主人公の“池袋のトラブルシューター”マコトを演じたのはTOKIOの長瀬智也。それまで素朴でどこか垢抜けない役柄が多かった長瀬智也のハジけたおバカぶりと、宮藤官九郎脚本、堤幸彦演出による独特の世界観や散りばめられた小ネタがドラマファンに新鮮な衝撃を与えたヒット作だ。主題歌はSADSの『忘却の空』。 クドカン、堤幸彦の名はこの作…

コラム 懐かし

クドカン×堤幸彦×長瀬智也!窪塚洋介も坂口憲二も妻夫木聡も山下智久…そして高橋一生も!光るキャスティング~2000年『池袋ウエストゲートパーク』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
学ラン・滝沢秀明×優香のセーラー服、松雪泰子が医療過誤訴えるクールな弁護士に~2000年『太陽は沈まない』より/懐かし番組表
Read More

学ラン・滝沢秀明×優香のセーラー服、松雪泰子が医療過誤訴えるクールな弁護士に~2000年『太陽は沈まない』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月20日にタイムスリップ。 17年前の今日、2000年4月20日の『テレパル』番組表からはフジテレビ22時『太陽は沈まない』にスポットを当てる。主演は前年4月期にTBSの『魔女の条件』で松嶋菜々子とダブル主演、教師と禁断の恋に落ちる高校生を好演した滝沢秀明。脚本は現在放送中『母になる』(日本テレビ水曜22時)の水橋文美江。 主題歌は エルトン・ジョン『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』。 「医療過誤」という重いテーマの中で、主人公が人間として成長していく過程を…

コラム 懐かし

学ラン・滝沢秀明×優香のセーラー服、松雪泰子が医療過誤訴えるクールな弁護士に~2000年『太陽は沈まない』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
オセロに平井堅に“ワンギャル“を仕切る東幹久…あの”お色気生番組”は後のテレビ界を牽引した名企画の宝庫~2000年『ワンダフル』より/懐かし番組表
Read More

オセロに平井堅に“ワンギャル“を仕切る東幹久…あの”お色気生番組”は後のテレビ界を牽引した名企画の宝庫~2000年『ワンダフル』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月19日にタイムスリップ。 17年前の今日、2000年4月18日の『テレパル』番組表からはTBS23時50分『ワンダフル』にスポットを当てる。1997年秋の改編から始まった情報バラエティーで、月曜から木曜、『筑紫哲也NEWS23』の後に放送されていた生放送。2000年4月の時点でのメインMCは放送開始当初から担当している東幹久と、1999年4月から登板した立河宣子。中島知子・松嶋尚美の「オセロ」が番組開始当初から“芸人枠”として毎日出演していた。 『ワンダフル』と…

コラム 懐かし

オセロに平井堅に“ワンギャル“を仕切る東幹久…あの”お色気生番組”は後のテレビ界を牽引した名企画の宝庫~2000年『ワンダフル』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
TOKIO松岡昌宏、サイコメトラーから東大卒の“エリートキャリア”に! “ノンキャリ”田中美佐子との名コンビ~2000年『ショカツ』より/懐かし番組表
Read More

TOKIO松岡昌宏、サイコメトラーから東大卒の“エリートキャリア”に! “ノンキャリ”田中美佐子との名コンビ~2000年『ショカツ』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月18日にタイムスリップ。 17年前の今日、2000年4月18日の『テレパル』番組表からはフジテレビ22時『ショカツ』をクローズアップする。現在は火曜21時台になった関西テレビ(現・カンテレ)制作のドラマ枠で、主演はTOKIOの松岡昌宏。 元警視庁警察官の佐竹一彦の警察小説『ショカツ Real police story』(角川書店刊)を原作に戸山田雅司らが脚本を担当、犯罪の現場を担当する警察署を指す「所轄=ショカツ」を舞台に、キャリアとノンキャリアの対照的な2人の…

コラム 懐かし

TOKIO松岡昌宏、サイコメトラーから東大卒の“エリートキャリア”に! “ノンキャリ”田中美佐子との名コンビ~2000年『ショカツ』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
【集中連載】木村拓哉・ミスター月9『HERO』は平均視聴率34.3% 栄光の30年史の中で圧巻の1位
Read More

【集中連載】木村拓哉・ミスター月9『HERO』は平均視聴率34.3% 栄光の30年史の中で圧巻の1位

1987年4月、フジテレビはそれまで長く続いたバラエティー『欽ドン』に替わって『アナウンサーぷっつん物語』を開始。この“ギョーカイドラマ”から“月9”の歴史がはじまった。以降、あっという間に「フジテレビの月曜夜9時のドラマ」は若者の心を捉えた。1980年代末から1990年代にかけて“トレンディードラマ”“ジェットコースタードラマ”など連ドラの流れを牽引し、常に僕らをワクワクさせてきた“月9”。2017年4月、いよいよ今夜31年目に突入する“月9”の開始に向けて、過去の作品から平均視聴率上位5作品をカウントダウン形式で振り返ってみる。今夜は最終第1位だ。 ●第1位『HERO』<平均視聴率34.3% ビデオリサーチ調べ/関東地区>(1997年10月13日~12月22日、全11話) 出演/木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、児玉清、角野卓造、小日向文世、八嶋智人、勝村政伸、田中要次脚本/福田靖、田辺満、秦建日子、大竹研演出/鈴木雅之…

コラム ドラマ

【集中連載】木村拓哉・ミスター月9『HERO』は平均視聴率34.3% 栄光の30年史の中で圧巻の1位

コラム ドラマ
深津絵里、17年前の泣き顔も“ピュアかわいい” 気象予報官・佐藤浩市と稲森いずみと三角関係に~2000年『天気予報の恋人』より/懐かし番組表
Read More

深津絵里、17年前の泣き顔も“ピュアかわいい” 気象予報官・佐藤浩市と稲森いずみと三角関係に~2000年『天気予報の恋人』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月17日にタイムスリップ。 17年前の今日、2000年4月17日も月曜日だった。この日の『テレパル』番組表からはフジテレビ21時、17年前の“月9”『天気予報の恋人』に注目する。主演は佐藤浩市で、稲森いずみと深津絵里がダブルヒロイン。脚本は現在放送中のNHK朝ドラ『ひよっこ』を担当している岡田恵和、主題歌は浜崎あゆみの『SEASONS』。 当時の“月9”は、1999年10月期が『氷の世界』、2000年1月期が『二千年の恋』と、サスペンスタッチの作品が続いていた時期…

コラム 懐かし

深津絵里、17年前の泣き顔も“ピュアかわいい” 気象予報官・佐藤浩市と稲森いずみと三角関係に~2000年『天気予報の恋人』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
【集中連載】栄光の月9『ラブジェネレーション』平均視聴率30.8%  木村拓哉、20年経っても“カッコ悪いジジィ”でない理由
Read More

【集中連載】栄光の月9『ラブジェネレーション』平均視聴率30.8%  木村拓哉、20年経っても“カッコ悪いジジィ”でない理由

1987年4月、フジテレビはそれまで長く続いたバラエティー『欽ドン』に替わって『アナウンサーぷっつん物語』を開始。この“ギョーカイドラマ”から“月9”の歴史がはじまった。以降、あっという間に「フジテレビの月曜夜9時のドラマ」は若者の心を捉えた。1980年代末から1990年代にかけて“トレンディードラマ”“ジェットコースタードラマ”など連ドラの流れを牽引し、常に僕らをワクワクさせてきた“月9”。2017年4月、30周年の“月9”の開始に向けて、過去の作品から平均視聴率上位5作品をカウントダウン形式で振り返ってみる。   ●第2位『ラブジェネレーション』<平均視聴率30.8% ビデオリサーチ調べ/関東地区>(1997年10月13日~12月22日、全11話) 出演/木村拓哉、松たか子、内野聖陽、純名里沙、藤原紀香、森口瑤子、川端竜太、劇団カクスコ、吹石一恵、平田満脚本/浅野妙子、尾崎将也 演出/永山耕三、二宮浩行、木村達昭プ…

コラム 懐かし

【集中連載】栄光の月9『ラブジェネレーション』平均視聴率30.8%  木村拓哉、20年経っても“カッコ悪いジジィ”でない理由

コラム 懐かし
岸谷五朗の熱血教師に常盤貴子がカワイイ! 松山千春の『君を忘れない』に泣く~1996年『みにくいアヒルの子』より/懐かし番組表
Read More

岸谷五朗の熱血教師に常盤貴子がカワイイ! 松山千春の『君を忘れない』に泣く~1996年『みにくいアヒルの子』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1996年4月16日にタイムスリップ。 21年前の今日、1996年4月16日の『テレパル』番組表からはフジテレビ21時『みにくいアヒルの子』をピックアップする。この日からフジテレビの火曜夜は21時からのフジテレビ制作枠と22時からの関西テレビ制作枠の2つの連続ドラマが並ぶようになった。ちなみに22時からはSMAP中居正広主演の『勝利の女神』。『みにくいアヒルの子』が小学校、『勝利の女神』が中学受験のための進学塾が舞台ということで、どちらも子役が活躍した感動モノになっていた。 …

コラム 懐かし

岸谷五朗の熱血教師に常盤貴子がカワイイ! 松山千春の『君を忘れない』に泣く~1996年『みにくいアヒルの子』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
【集中連載】栄光の月9 『ロングバケーション』平均視聴率29.6% 木村“瀬名”拓哉「キスしよっか」で見せた北川脚本セリフのキラめき
Read More

【集中連載】栄光の月9 『ロングバケーション』平均視聴率29.6% 木村“瀬名”拓哉「キスしよっか」で見せた北川脚本セリフのキラめき

1987年4月、フジテレビはそれまで長く続いたバラエティー『欽ドン』に替わって『アナウンサーぷっつん物語』を開始。この“ギョーカイドラマ”から“月9”の歴史がはじまった。以降、あっという間に「フジテレビの月曜夜9時のドラマ」は若者の心を捉えた。1980年代末から1990年代にかけて“トレンディードラマ”“ジェットコースタードラマ”など連ドラの流れを牽引し、常に僕らをワクワクさせてきた“月9”。2017年4月、30周年を迎えた“月9”の開始に向けて、過去の作品から平均視聴率上位5作品をカウントダウン形式で振り返ってみる。   ●第3位『ロングバケーション』<平均視聴率29.6% ※ビデオリサーチ調べ/関東地区>(1996年4月15日~6月24日、全11話) 出演/木村拓哉、山口智子、竹野内豊、稲森いずみ、松たか子、りょう、豊原功補、森本レオ、広末涼子脚本/北川悦吏子 演出/永山耕三、鈴木雅之、臼井裕詞プロデュース/亀山千…

コラム 懐かし

【集中連載】栄光の月9 『ロングバケーション』平均視聴率29.6% 木村“瀬名”拓哉「キスしよっか」で見せた北川脚本セリフのキラめき

コラム 懐かし
木村拓哉“ロンバケ”からの“スマスマ” 21年前の今夜は「SMAP」月曜夜最強伝説の幕開けだった~1996年『SMAP×SMAP』より/懐かし番組表
Read More

木村拓哉“ロンバケ”からの“スマスマ” 21年前の今夜は「SMAP」月曜夜最強伝説の幕開けだった~1996年『SMAP×SMAP』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1996年4月15日にタイムスリップ。 21年前の今日、1996年4月15日は月曜日。この日の『テレパル』番組表からはフジテレビ22時30分『SMAP×SMAP』をクローズアップする。番組表にマル新マーク。そう、この日は、昨年12月で20年の歴史に幕を閉じた『SMAP×SMAP』が始まった日なのである。 そして同時に“月9”で始まったのが、SMAPの木村拓哉にとって連ドラ初主演作となる『ロングバケーション』だ。当時の木村拓哉は女性誌『an an』(マガジンハウス刊)の「好きな…

コラム 懐かし

木村拓哉“ロンバケ”からの“スマスマ” 21年前の今夜は「SMAP」月曜夜最強伝説の幕開けだった~1996年『SMAP×SMAP』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
【集中連載】栄光の月9 『ひとつ屋根の下』平均視聴率28.4% 福山雅治「あんちゅゎーん」で脱トレンディでも圧巻の数字
Read More

【集中連載】栄光の月9 『ひとつ屋根の下』平均視聴率28.4% 福山雅治「あんちゅゎーん」で脱トレンディでも圧巻の数字

1987年4月、フジテレビはそれまで長く続いたバラエティー『欽ドン』に替わって『アナウンサーぷっつん物語』を開始。この“ギョーカイドラマ”から“月9”の歴史がはじまった。以降、あっという間に「フジテレビの月曜夜9時のドラマ」は若者の心を捉えた。1980年代末から1990年代にかけて“トレンディードラマ”“ジェットコースタードラマ”など連ドラの流れを牽引し、常に僕らをワクワクさせてきた“月9”。2017年4月、30年目に突入する“月9”の開始に向けて、過去の作品から平均視聴率上位5作品をカウントダウン形式で振り返ってみる。 ●第5位『ひとつ屋根の下』<平均視聴率28.4% ※ビデオリサーチ調べ/関東地区>(1993年4月12日~6月28日、全12話) 出演/江口洋介、福山雅治、酒井法子、いしだ壱成、大路恵美、山本耕史、内田有紀、中谷美紀脚本/野島伸司 演出/永山耕三、中江功プロデュース/大多亮音楽/日向敏文主題歌/財津和夫「サボテ…

コラム 懐かし

【集中連載】栄光の月9 『ひとつ屋根の下』平均視聴率28.4% 福山雅治「あんちゅゎーん」で脱トレンディでも圧巻の数字

コラム 懐かし
明石家さんま『男女7人~』から10年、新たなアラフォー版恋の相手は手塚理美~1996年『その気になるまで』より/懐かし番組表
Read More

明石家さんま『男女7人~』から10年、新たなアラフォー版恋の相手は手塚理美~1996年『その気になるまで』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1996年4月14日にタイムスリップ。 21年前の今日、1996年4月14日の『テレパル』番組表からはTBS21時『その気になるまで』にスポットを当てる。主演・明石家さんま、脚本・鎌田敏夫、プロデュース・武敬子というのは『男女7人夏物語』(1986年TBS)、『男女7人秋物語』(1987年TBS)と同じ座組み。設定もその他のキャストも放送枠も違うが、コンセプトは「“男女7人”から10年後、中年になった“良介”」だった。 メインとなるのはもちろん、男女7人。“男”は明石家さんま…

コラム 懐かし

明石家さんま『男女7人~』から10年、新たなアラフォー版恋の相手は手塚理美~1996年『その気になるまで』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
【集中連載】栄光の月9 ドラマ『あすなろ白書』平均視聴率27% 3番手の木村拓哉の“取手くん“が繰り出したキュン殺ワザ!
Read More

【集中連載】栄光の月9 ドラマ『あすなろ白書』平均視聴率27% 3番手の木村拓哉の“取手くん“が繰り出したキュン殺ワザ!

1987年4月、フジテレビはそれまで長く続いたバラエティー『欽ドン』に替わって『アナウンサーぷっつん物語』を開始。この“ギョーカイドラマ”から“月9”の歴史がはじまった。以降、あっという間に「フジテレビの月曜夜9時のドラマ」は若者の心を捉えた。1980年代末から1990年代にかけて“トレンディードラマ”“ジェットコースタードラマ”など連ドラの流れを牽引し、常に僕らをワクワクさせてきた“月9”。2017年4月、30周年イヤーの“月9”の開始に向けて、過去の作品から平均視聴率上位5作品をカウントダウン形式で振り返ってみる。 ●第5位『あすなろ白書』<平均視聴率27.0% ※ビデオリサーチ調べ/関東地区>(1993年10月11日~12月22日、全11話) 出演/石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹、西島秀俊、黒沢あすか、杉山彩子、森尾由美、田辺誠一、岩城滉一、加賀まりこ原作/柴門ふみ 脚本/北川悦吏子 演出 /木村達昭、新城毅彦、…

コラム 懐かし

【集中連載】栄光の月9 ドラマ『あすなろ白書』平均視聴率27% 3番手の木村拓哉の“取手くん“が繰り出したキュン殺ワザ!

コラム 懐かし
“スマスマ元年”の香取慎吾、19歳連ドラ初主演作は全裸美尻の大奮闘~1996年『透明人間』より/懐かし番組表
Read More

“スマスマ元年”の香取慎吾、19歳連ドラ初主演作は全裸美尻の大奮闘~1996年『透明人間』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1996年4月13日にタイムスリップ。 21年前の今日、1996年4月13日の『テレパル』番組表からは日本テレビ21時『透明人間』に注目する。SMAP・香取慎吾の連ドラデビュー作で、タイトル通り“透明人間”となる主人公を演じた。主題歌はサザンオールスターズの『愛の言霊 ~Spiritual Message~』。 前年、『沙粧妙子-最後の事件-』(フジテレビ)で連続殺人事件の生還者を装った犯人の“谷口”、『未成年』(TBS)で愛されキャラの“デク”と、まったく違う個性的なキャラ…

コラム 懐かし

“スマスマ元年”の香取慎吾、19歳連ドラ初主演作は全裸美尻の大奮闘~1996年『透明人間』より/懐かし番組表

コラム 懐かし

ページTOP

ページTOP