コラム
鶴瓶が真剣!ざこばが泣いた!……落語“三題噺”にさすがの対応「鶴瓶ドラえもん」説~1996年『ざこば・鶴瓶らくごのご』より/懐かし番組表
Read More

鶴瓶が真剣!ざこばが泣いた!……落語“三題噺”にさすがの対応「鶴瓶ドラえもん」説~1996年『ざこば・鶴瓶らくごのご』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1996年3月28日にタイムスリップ。 今から21年前の今日、1996年3月28日の『テレパル』番組表からは、番組表のずっと下のほう、テレビ朝日深夜26時25分『ざこば・鶴瓶らくごのご』をクローズアップする。番組表上では「・」を省略しているが、正式名称は『ざこば・鶴瓶のらくごのご』。桂ざこばと笑福亭鶴瓶が客席が自由に出したお題を3つ入れた三題噺を即興で作り交互に披露する、ABC制作のバラエティーだ。「いろはの“い”」のもじりなら「らくごの“ら”」のはずだが、それも洒落。 しゃ…

懐かし

鶴瓶が真剣!ざこばが泣いた!……落語“三題噺”にさすがの対応「鶴瓶ドラえもん」説~1996年『ざこば・鶴瓶らくごのご』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
『おんな城主 直虎』三浦春馬、愛する人を残して無念の死…大河ドラマの“爽風”が消えた夜
Read More

『おんな城主 直虎』三浦春馬、愛する人を残して無念の死…大河ドラマの“爽風”が消えた夜

飲み屋の隣席になったオッさんが、亡くなった祖父の仕事の取引先でした。思い出話しに花を咲かせましたけど、ここ東京都世田谷区だよね? 私の出身地の静岡県浜松市ではないよね? 日本ってもっと広かった気がするんだけど。今回は、その我が地元が舞台となったNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演していた、三浦春馬さんについて。昨晩、3月26日(日)に放送された第12話で退場となってしまった彼を思って、日本中には井伊直親(いい・なおちか)ロスが続出中だそうです。分かる、分かるぞ! その気持ち!! 舞台は天文13年、遠江の国・井伊谷。井伊家に生まれたおとわ(のちの井伊直虎/柴咲コウ)には、亀之丞(のちの井伊直親/三浦春馬)と鶴丸(のちの小野正次/高橋一生)という仲の良い幼なじみがいた。おとわは亀之丞と将来結婚を誓い合ったのにも関わらず、彼は行方不明に。そして、おとわもまた、家を守るために次郎法師として出家を余儀なくされた。時は流れて、大人にな…

ドラマ

『おんな城主 直虎』三浦春馬、愛する人を残して無念の死…大河ドラマの“爽風”が消えた夜

コラム ドラマ
木村拓哉『ロングバケーション』直前、山口智子が殺人犯でも“嫌われなかった”理由~1996年『ドラマスペシャル 古畑任三郎』より/懐かし番組表
Read More

木村拓哉『ロングバケーション』直前、山口智子が殺人犯でも“嫌われなかった”理由~1996年『ドラマスペシャル 古畑任三郎』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1996年3月27日にタイムスリップ。 今日は月曜日。月曜の夜から『SMAP×SMAP』が観られなくなって3か月、いつもの年なら春の特番期の月曜日は『SMAP×SMAP』のスペシャルがあったと思うと、ぽっかり穴の空いたような気分だが、こうやってだんだん想い出になっていくのだろう。今週は木村拓哉の月9初主演作『ロングバケーション』と『SMAP×SMAP』が始まった1996年春、まだこれらが放送される直前の時期を振り返る。 今から21年前の今日、1996年3月27日は水曜日。この…

懐かし

木村拓哉『ロングバケーション』直前、山口智子が殺人犯でも“嫌われなかった”理由~1996年『ドラマスペシャル 古畑任三郎』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
朝ドラ『べっぴんさん』第25週/松下優也のプロポーズに対する谷村美月の返事が男前すぎる! 日本中が栄輔と明美を祝福
Read More

朝ドラ『べっぴんさん』第25週/松下優也のプロポーズに対する谷村美月の返事が男前すぎる! 日本中が栄輔と明美を祝福

忙しくて朝ドラが見られない人にも、すでにどっぷりハマっている皆さんにも、一週間を振り返りながら“押さえるべきポイント”を紹介する本講座。先週は、ついにキアリスの創業者であるすみれ(芳根京子)たちが引退。それぞれの夫婦が戦後の苦しかった時代を振り返りながら、お互いにこれまでのことを感謝し、楽しい老後へ思いを馳せる描写が、とても美しく心温まる展開だった。 ◆第25週あらすじすみれたちは東京・銀座の空きビルを借り、キアリスのワンダーランドを作ろうと夢見ていたが、資金繰りの目途が立たずに断念。その一方で、健太郎(古川雄輝)をはじめとする次世代の社員に自分たちの思いが伝わっていることを確信し、ついに引退を決める。退社後、悠々自適な毎日を送るすみれたちだったが、ある日、かつて店頭に飾ってあったワンピースをプレゼントした美幸(星野真里)が訪ねてきて、ワンピースを娘のサイズを直してほしいと頼まれる。それをきっかけに、すみれたちは“お直し部”とい…

ドラマ

朝ドラ『べっぴんさん』第25週/松下優也のプロポーズに対する谷村美月の返事が男前すぎる! 日本中が栄輔と明美を祝福

コラム ドラマ
サンシャイン池崎「しばらく来たくない」/ハイテンション芸人のジャスティスな解答…『なら≒デキ』
Read More

サンシャイン池崎「しばらく来たくない」/ハイテンション芸人のジャスティスな解答…『なら≒デキ』

「今年ブレークした芸人は?」と言われたら、ブルゾンちえみ、みやぞんなど、何組かの芸人の顔が思い浮かぶ。しかし、その中で「サンシャイン池崎」だけはどこか別格の存在のような気がする。サンシャイン池崎の名前を呼ぶとき、彼のことを思い浮かべるとき、人は思わず苦笑せずにはいられない。名前の後に(笑)を付けたくなってしまうこの感じこそが、池崎が池崎たるゆえんだ。 それを象徴していたのが、2月28日放送の『R-1ぐらんぷり2017』である。池崎はこのとき、敗者復活戦から見事に決勝に返り咲き、最終3組にまで残る健闘を見せた。決勝では2本のネタを用意しなくてはならない。そこで、誰もが予想していることが池崎の身に起こった。息切れである。1本目のネタで客席を爆笑の渦にたたき込んだ池崎だが、2本目では1本目ほどのインパクトを残すことはできなかった。それはそうだろう。相田みつをなら「池崎だもの」と書きそうな尻すぼみの戦いぶり。ネタ自体が、いや、存在自体が…

バラエティ

サンシャイン池崎「しばらく来たくない」/ハイテンション芸人のジャスティスな解答…『なら≒デキ』

コラム バラエティ
追悼・渡瀬恒彦の十津川警部…鉄道と殺人と山村紅葉で2時間ドラマは廻る~1991年『火曜ミステリー劇場 「十津川警部の対決・寝台特急“さくら”長崎に消えた女!逆転三重トリックの罠」』より/懐かし番組表
Read More

追悼・渡瀬恒彦の十津川警部…鉄道と殺人と山村紅葉で2時間ドラマは廻る~1991年『火曜ミステリー劇場 「十津川警部の対決・寝台特急“さくら”長崎に消えた女!逆転三重トリックの罠」』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1991年3月26日にタイムスリップ。 今から26年前の今日、1991年3月26日の『テレパル』番組表からは、テレビ朝日20時『火曜ミステリー劇場 西村京太郎スペシャル「十津川警部の対決・寝台特急“さくら”長崎に消えた女!逆転三重トリックの罠」』に注目する。『火曜ミステリー劇場』は、1990年4月から1991年9月まで編成されていたレギュラーの2時間ドラマ枠。 西村京太郎の“十津川警部”シリーズは各局でこぞって2時間ドラマ化されているが、1990年代初頭は特に花盛りで、毎週ど…

追悼・渡瀬恒彦の十津川警部…鉄道と殺人と山村紅葉で2時間ドラマは廻る~1991年『火曜ミステリー劇場 「十津川警部の対決・寝台特急“さくら”長崎に消えた女!逆転三重トリックの罠」』より/懐かし番組表

コラム
『スーパーサラリーマン左江内氏』最終話/“責任”は男を社会に繋ぎとめておくための鎖である
Read More

『スーパーサラリーマン左江内氏』最終話/“責任”は男を社会に繋ぎとめておくための鎖である

こんにちは、福田フクスケです。一周まわって普通の挨拶に戻してみたのは、『スーパーサラリーマン左江内氏』が、ついに最終回を迎えたからだ。人間、最後に初心に返ってみるのは悪いことではない。決してネタ切れだからではないし、結局普通に名乗るのが一番いいな、と思ったからでもない。あえて言うなら、そんな負荷を自分でかける意味がわからなくなっただけだ。人生は常に迷走である。 さて、これまでもスーパーマンの任務から逃れたいと思いつつ、その能力をちょくちょく私用に使ってきた左江内(堤真一)。だが今回、そのせいでとうとう失敗をしてしまう。息子が欲しがっているゲームソフトを探すことに焦るあまり、SOSを察知した現場に駆けつけるのを一瞬ためらい、ベランダから転落した男の子をすんでのところで助け損ねてしまったのだ。 空を飛んですぐに病院へ連れて行き、一命こそ取り留めたものの、男の子の意識は戻らず予断を許さぬ状態。「あのときゲームを探してなければ、あの子を…

ドラマ

『スーパーサラリーマン左江内氏』最終話/“責任”は男を社会に繋ぎとめておくための鎖である

コラム ドラマ
山口百恵と三浦友和 恋が始まったドラマは“大映の不幸テンコ盛り”作品~1991年『赤い衝撃(再)』より/懐かし番組表
Read More

山口百恵と三浦友和 恋が始まったドラマは“大映の不幸テンコ盛り”作品~1991年『赤い衝撃(再)』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1991年3月25日にタイムスリップ。 今から26年前の今日、1991年3月24日の『テレパル』番組表からはTBS10時再放送の『赤い衝撃』に注目。1991年当時、TBSの平日朝10時はドラマの再放送枠だった。『赤い衝撃』は1970年代後半、山口百恵が出演して大ブームになった大映ドラマの“赤い~”シリーズ第4弾で、山口百恵(現・三浦百恵)が主演としてクレジットされた最初の作品で、1976年11月~1977年5月に放送され、全29話の平均視聴率27.0%、最高視聴率32.6%(…

懐かし

山口百恵と三浦友和 恋が始まったドラマは“大映の不幸テンコ盛り”作品~1991年『赤い衝撃(再)』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
明石家さんま先生の功績は今も! 加藤諒に内山くん…小さな教室から生まれた多彩な才能たち~1991年『あっぱれさんま大先生』より/懐かし番組表
Read More

明石家さんま先生の功績は今も! 加藤諒に内山くん…小さな教室から生まれた多彩な才能たち~1991年『あっぱれさんま大先生』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1991年3月24日にタイムスリップ。 今から26年前の今日、1991年3月24日の『テレパル』番組表からはフジテレビ13時『あっぱれさんま大先生』にスポットを当てる。1988年11月に月曜19時からの30分枠で始まり、1990年10月から日曜13時からの30分枠に移動。番組開始当初は幼稚園児だった子も小学生となり、この当時は小学校の教室を模したセットでさんまが教壇に立って進行するスタイルになっていた。 主役は当時の“イマドキのコドモ”。さんまと子どもたちの個性を引き出し、さ…

懐かし

明石家さんま先生の功績は今も! 加藤諒に内山くん…小さな教室から生まれた多彩な才能たち~1991年『あっぱれさんま大先生』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
“エノモト”野村宏伸と“スレンダー”松下由樹の泣けるジェットコースタードラマ~1991年『君だけに愛を』より/懐かし番組表
Read More

“エノモト”野村宏伸と“スレンダー”松下由樹の泣けるジェットコースタードラマ~1991年『君だけに愛を』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1991年3月23日にタイムスリップ。 今から26年前の今日、1991年3月23日の『テレパル』番組表からは日本テレビ21時『君だけに愛を』をピックアップ。ザ・タイガースの“ジュリー”沢田研二が決めポーズで大量の女子を失神させた曲と同じタイトルだが、まったく別モノ。フジテレビで田原俊彦と共演した“びんびんシリーズ”の“エノモト”の印象が強く残っていた時期の野村宏伸が主演し、スレンダー美女・松下由樹との悲恋を描いたラブストーリーだ。

懐かし

“エノモト”野村宏伸と“スレンダー”松下由樹の泣けるジェットコースタードラマ~1991年『君だけに愛を』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
舘ひろしに水谷豊、そして郷ひろみ! 薔薇にキスして殉職する“華麗すぎる“刑事の系譜~1991年『刑事貴族』より/懐かし番組表
Read More

舘ひろしに水谷豊、そして郷ひろみ! 薔薇にキスして殉職する“華麗すぎる“刑事の系譜~1991年『刑事貴族』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1991年3月22日にタイムスリップ。 今から26年前の今日、1991年3月22日の『テレパル』番組表からは日本テレビ20時『刑事貴族』に注目する。『刑事貴族』は日本テレビ金曜20時の伝統の刑事ドラマ枠で1990年4月~1992年12月まで3シーズン計103話が放送された刑事ドラマだ。番組表の(終)マークは、第1シーズンの最終回を示す。 主演の郷ひろみは、番組開始時の主演・舘ひろしに代わって1990年10月の第17話から登場し、この日の最終回で姿を消すことになった。そして翌週…

懐かし

舘ひろしに水谷豊、そして郷ひろみ! 薔薇にキスして殉職する“華麗すぎる“刑事の系譜~1991年『刑事貴族』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
『カルテット』満島ひかりがまとう唯一無二の“純度”!これを武器に2代目・黒柳徹子の襲名なるか
Read More

『カルテット』満島ひかりがまとう唯一無二の“純度”!これを武器に2代目・黒柳徹子の襲名なるか

先日、電車の中でスマホの映像を見ながら周囲の客がドン引きするくらい、楽しそうに笑って踊っているおじさんがいました。いよいよ春到来ですね。今回注目したのは、今夜3月21日(火)に最終回を迎える『カルテット』(TBS系)に出演中の満島ひかりさん。彼女のことを嫌いと言う人は聞いたことがないです。愚直な言い方をしますが、あんなに存在感と吸引力を同時に持ち合わせることができる女優は“文化遺産”。褒めさせてください、もう少し。 早乙女真紀(松たか子)、世吹すずめ(満島ひかり)、家森諭高(高橋一生)、別府司(松田龍平)の軽井沢に住む演奏者。離婚、片思い、嫉妬、友情。さまざまな事情や思いを抱えながら4人で共同生活を送っていたのだが、真紀の悲しい犯罪歴が発覚してしまい、カルテットは一旦休止に。3人の元から真紀が姿を消して1年後、再び物語が動き出す。 ストーリーに仕掛けられていた伏線に、毎週、視聴者は泣き笑いしてきた 『カルテット』。WBCの試合延…

ドラマ

『カルテット』満島ひかりがまとう唯一無二の“純度”!これを武器に2代目・黒柳徹子の襲名なるか

コラム ドラマ
ビートたけし主演、妻・大原麗子は男の夢! オジサン癒して44年、ジョージ秋山ご長寿連載原作を時代劇化~1991年『浮浪雲』より/懐かし番組表
Read More

ビートたけし主演、妻・大原麗子は男の夢! オジサン癒して44年、ジョージ秋山ご長寿連載原作を時代劇化~1991年『浮浪雲』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1991年3月21日にタイムスリップ。 今から26年前の今日、1991年3月21日の『テレパル』番組表からはTBS22時『浮浪雲』にフォーカスを当てる。ジョージ秋山原作のコミックを実写ドラマ化、1990年10月にスタートし、2クール放送されていた。主演は時代劇はこれが初となるビートたけし。妻役に大原麗子。衣装デザインを辻村ジュサブロー(現在・辻村寿三郎)が担当、緑山スタジオに江戸の町並再現したオープンセットにかかった費用は約2億……バブル期だからこそ実現した企画だろう。 主題…

懐かし

ビートたけし主演、妻・大原麗子は男の夢! オジサン癒して44年、ジョージ秋山ご長寿連載原作を時代劇化~1991年『浮浪雲』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
「大和田さん檀さんは檀さん」お決まりの司会で進むNHKの伝統クイズ~1991年『連想ゲーム』より/懐かし番組表
Read More

「大和田さん檀さんは檀さん」お決まりの司会で進むNHKの伝統クイズ~1991年『連想ゲーム』より/懐かし番組表

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1991年3月20日にタイムスリップ。 今日は月曜だが春分の日で3連休の最終日。テレビ番組表は長尺の特番が並ぶ中、“月9”『突然ですが、明日結婚します』が通常枠で最終回だ。26年前の1月クールの“月9”は『東京ラブストーリー』。その最終回の盛り上がりを比べると、“四半世紀”という時間がとてつもなく長く、時代の違いを感じる。今週はカンチとリカの切ない別れにみんなが心を痛めた26年前、1991年の今日の番組表を見ていく。 経済史的には既にバブルは崩壊しているが、世の中的にはまだピ…

懐かし

「大和田さん檀さんは檀さん」お決まりの司会で進むNHKの伝統クイズ~1991年『連想ゲーム』より/懐かし番組表

コラム 懐かし
朝ドラ『べっぴんさん』第24週/芳根京子と永山絢斗の”ほっこり愛”もいいけれど…松下優也と谷村美月の”大人の恋”にも期待!
Read More

朝ドラ『べっぴんさん』第24週/芳根京子と永山絢斗の”ほっこり愛”もいいけれど…松下優也と谷村美月の”大人の恋”にも期待!

忙しくて朝ドラが見られない人にも、すでにどっぷりハマっている皆さんにも、一週間を振り返りながら“押さえるべきポイント”を紹介する本講座。先週は、ひょんなことから以前作った“キアリスガイド”を映画化することになり、そのキャメラマン(カメラマン)役で上地雄輔が登場。相変わらずまじめ~な物語にコミカルな要素が加わり、クスッと笑えるシーンも盛りだくさんだった。 ◆第24週あらすじ栄輔(松下優也)が経営するエイスの倒産を受け、紀夫(永山絢斗)は健太郎(古川雄輝)が進めていた事業拡大に慎重な姿勢を見せる。しかし、健太郎は会社の方針に反対。議論が進まないなか、すみれ(芳根京子)の発案でキアリスの映画を作ることが決まる。家も仕事も失って潔(高良健吾)の家に居候していた栄輔もまた、明美(谷村美月)の誘いで手伝うことになり、しばらくして、さくら(井頭愛海)の娘・藍を主役にした映画が完成する。それを見た健太郎は、創業者であるすみれたちの想いを知り、自…

ドラマ

朝ドラ『べっぴんさん』第24週/芳根京子と永山絢斗の”ほっこり愛”もいいけれど…松下優也と谷村美月の”大人の恋”にも期待!

コラム ドラマ
加藤茶「大した弾き手じゃないんだから」/ドリフの「毒」を見た…『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』
Read More

加藤茶「大した弾き手じゃないんだから」/ドリフの「毒」を見た…『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』

現代テレビバラエティ史に残る衝撃映像のひとつと言えば、2014年の『鶴瓶の家族に乾杯』で加藤茶が出演した回だろう。ロケ先に現れた加藤は、体調不良とはいえ明らかに生気がない。ろれつが回らず、はっきりと言葉を発することすらできず、共演する笑福亭鶴瓶も心配していた。日本中の視聴者がこのときほど心から「だめだこりゃ」と思ったことはない。 ところがその後、人々の心配をよそに加藤茶は順調に快復していった。番組出演時に調子が悪かったのは、当時飲んでいた薬が合わなかったためだとのちに弁明。少しずつ元気を取り戻していった。そして3月15日(水)放送の『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』(フジテレビ)ではついにコントを披露することになった。 この日は、亡くなったいかりや長介を除く「ザ・ドリフターズ」のメンバー全員が集結した。まずはトークコーナー。4人で集まるのは久しぶりだと語り、いつ以来だろうという話になって、仲本工事が「長さんの棺桶かついだと…

バラエティ

加藤茶「大した弾き手じゃないんだから」/ドリフの「毒」を見た…『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』

コラム バラエティ

ページTOP

ページTOP