コラム
銭形警部オリジナル全4話独占配信中無料でお試しhulu
2003年1月1日のテレビ欄(出典:『テレパル』第1号・東版)

ハンマー投げ室伏、番長・清原…15年前の正月輝いていた筋肉~2002年『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦XX』より/懐かし番組表

銭形警部オリジナル全4話独占配信中無料でお試しhulu
懐かし
2003年1月1日のテレビ欄(出典:『テレパル』第1号・東版)

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2002年1月1日にタイムスリップ。

1月1日。新年を祝うお正月特番が並ぶ今夜、テレビ朝日の『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2017お正月スペシャル』、TBSの『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子元日頂上決戦!』、テレビ東京『大食い世界一決定戦!』と『THEカラオケバトル・U-18・アマ・大学生統一王座決定戦2017』と、長尺の“決戦”ものがずらりと並ぶ。帰省先、早い時間から酒を飲みながらのコタツで、なんとなくつけておくと話題が途切れたときに便利なこの手の“対決”ものは、今やお正月特番の定番とも言える。

15年前の正月、2002年1月1日の『テレパル』番組表の真ん中あたり、TBSの夜を見ると、19時からドーンと4時間半の長尺番組『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦XX』がある。“XX”とあるからこの放送で20回目となる『スポーツマンNO.1決定戦』は、今夜18時から放送の『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子元日頂上決戦!』の先祖的特番で、1995年から正月恒例特番になっているほか、春や秋の番組改編期に放送されていた。

2002年1月1日『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦XX』(TBS)/おなじみの巨大跳び箱“MONSTER BOX”に箸も止まる元日夜の食卓

  • 『テレパル』2002年第1号・東版の表紙
  • 『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦XX』(TBS)/2003年1月1日のテレビ欄(出典:『テレパル』第1号・東版)

野球、サッカー、陸上、格闘技などからそうそうたる筋肉自慢が集まり、8つの種目を競ってその順位ごとにポイントが加算、最終的に最もポイントが高い者が王座につくというシンプルな内容。オリンピック決勝のような緊迫感を古舘伊知郎の実況が盛り上げ、思わず手に汗を握って見入ってしまう“男の闘い”だ。

この日の最初のバトルは「WORK OUT GUYS」。丸太切りやミルク缶運びなどの“肉体労働系”3種で競うタイムトライアルを制したのはラグビーの大畑大介。大会の“華”でもある巨大跳び箱「MONSTER BOX」は、俳優で芸能人大会を連覇しているケイン・コスギが体操出身でこの種目の第一人者・池谷直樹を破って首位に。パワーだけでなく駆け引きも鍵となる1対1で行う綱引きは、プロ野球出身の清原和博がハンマー投げの室伏広治を制した。

走力・持久力・回復力が決め手の「TAIL IMPOSSIBLE」は1ラウンド100m×4のランニングを行い、下位から人数が削られていき、残った者がわずかなインターバルで次のラウンドを走るという過酷なサバイバルレース。サッカー・ジュビロ磐田のFW前田遼一がこの種目NO.1に。

全8種目のうち7種目めの「THE GALLON THROW」(樽投げ)はパワーもさることながらタイミングと投げる角度といった微妙なテクニックも必要とされる競技。ハンマー投げの室伏広治やジョルコフスキーら世界の舞台で活躍する筋肉自慢を、ラグビーの大畑大介が破ってトップに立つ。

ファイナルはこれも大会の華、「SHOT-GUN-TOUCH」。自らボタンを押して落下するボール落ちる前に触れれば成功という、俊敏性と跳躍力を競う競技で、13m40cmという世界記録で大畑大介が制し、初出場にして総合優勝を決めた。

この番組の“進化形”が2017年元日今夜の『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子元日頂上決戦!』。佐野岳、森渉、辻本達規、野村祐希、平野泰新ら運動神経抜群のイケメン俳優に、前々回優勝者のEXILEの関口メンディー、想像以上に身体能力の高い「オードリー」の春日俊彰、「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二ら芸能人と、超一流アスリートが本気で競い合う。

海外からはリオ五輪男子体操で内村航平を追い詰めた銀メダリストのオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)、同じく男子体操の最多メダル獲得者であるデニス・アブリャジン(ロシア)が参加。日本スポーツ界からはサッカー界から槙野智章と永井謙佑、格闘技から魔裟斗と所英男、水泳界から立石諒と保田賢也、プロ野球から読売ジャイアンツの俊足王・鈴木尚広が参加。

15年前の正月と同じ興奮が、今年もまた見られる。同じ時間帯のテレビ東京“大食い”も気になり、CMになるとチャンネルを変えたがる老いた父に苛立ちつつも我慢する……なんて風景も、どこかの居間にはありそうだ。

銭形警部オリジナル全4話独占配信中無料でお試しhulu
銭形警部オリジナル全4話独占配信中無料でお試しhulu
あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.
コメント
話題の人物
コラムニスト

ISプレス

ISプレス

1982年、『テレパル』創刊準備のために編成された、テレビ局専門取材チーム。各テレビ局ごとに担当がいて、毎日テレビ局の広報や宣伝部を拠点に局内を徘徊、情報収集。その情報を元にテレパルの特集や番組表や番組紹介記事を制作していた。「その日に仕入れた情報はその日のうちに処理する」ことが宿命だったため事務所は“不夜城”となっていた。名刺に使われている「IS」の緑のロゴは、メタリックでキラキラしていて、テレビ局員の印象に残っている。

執筆記事を読む

オススメ記事

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP