コラム

ラリー遠田の"テレビのひとコマ"

加藤茶「大した弾き手じゃないんだから」/ドリフの「毒」を見た…『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』

『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』/2017年3月15日放送・フジテレビ系

現代テレビバラエティ史に残る衝撃映像のひとつと言えば、2014年の『鶴瓶の家族に乾杯』で加藤茶が出演した回だろう。ロケ先に現れた加藤は、体調不良とはいえ明らかに生気がない。ろれつが回らず、はっきりと言葉を発することすらできず、共演する笑福亭鶴瓶も心配していた。日本中の視聴者がこのときほど心から「だめだこりゃ」と思ったことはない。

オススメ記事
コメント
もっと見る
話題の人物
コラムニスト

ラリー遠田

ラリー遠田

1979年生まれ。東京大学文学部卒業。作家・ライター、お笑い評論家として執筆、講演、イベントプロデュースなど多方面で活動。主な著書に『逆襲する山里亮太』(双葉社)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)がある。『ヤングアニマル』(白泉社)に連載中の漫画『イロモンガール』の原作を手がける。

執筆記事を読む

あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP