インタビュー
玉山鉄二&佐々木希「希ちゃんはよくセックス依存症の役を引き受けたなって」『雨が降ると君は優しい』
Read More

玉山鉄二&佐々木希「希ちゃんはよくセックス依存症の役を引き受けたなって」『雨が降ると君は優しい』

妻が不特定多数の男と体の関係を持ってしまう“心の病”だと知ったとき、夫は妻をそれでも愛しぬくことができるのか――脚本家の野島伸司が描く“心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇”Huluオリジナル『雨が降ると君は優しい』。先週、第1、2話が公開されたが、本日、9月23日(土)から第3、4話もHuluで配信される。一途な愛ゆえに悩める夫を演じる玉山と、セックス依存症に苦しむ妻を演じる佐々木希は、どのような思いで本作に向き合っているのだろうか。インタビュー第2回目となる今回は、野島作品ならではの現場の様子や、今作の魅力について話を聞いた。(以下敬称略) ■玉山鉄二&佐々木希インタビュー第1回:セックス依存症の妻役「現場で激しく揺れ動く感情を大事にしたい」『雨が降ると君は優しい』

ドラマ

玉山鉄二&佐々木希「希ちゃんはよくセックス依存症の役を引き受けたなって」『雨が降ると君は優しい』

インタビュー ドラマ
今野浩喜、『僕やり~』パイセン役は「配役すると“お目が高い”と言われる俳優」だからこそ
Read More

今野浩喜、『僕やり~』パイセン役は「配役すると“お目が高い”と言われる俳優」だからこそ

何事も“そこそこ”で生きていければ…と考えていた高校生たちがイタズラ心で起こした復讐劇を機に平穏な日常を一変させるさまを描く窪田正孝主演の火9ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系)。今クール、回を重ねるごとにドラマファンにとってボルテージの上がる展開となっている本作品。窪田演じる主人公・トビオたちが通う凡下(ぼけ)高校OBで、風貌・性格ともにインパクトの強いパイセン役を演じるのは最近すっかり役者づいてきた芸人・今野浩喜だ。永野芽郁、新田真剣佑、間宮祥太朗、川栄李奈ら若手共演者に混じって一癖も二癖もあるパイセン役を熱演。そんな今野に最終回を控え、本ドラマの裏側、また芸人と役者の距離感について話してもらった。

ドラマ

今野浩喜、『僕やり~』パイセン役は「配役すると“お目が高い”と言われる俳優」だからこそ

インタビュー ドラマ
玉山鉄二&佐々木希、セックス依存症の妻役「現場で激しく揺れ動く感情を大事にしたい」『雨が降ると君は優しい』
Read More

玉山鉄二&佐々木希、セックス依存症の妻役「現場で激しく揺れ動く感情を大事にしたい」『雨が降ると君は優しい』

脚本家の野島伸司が、愛し合いながらも“妻のセックス依存症”という究極の試練を与えられた新婚夫婦を中心に、“心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇”を描く、Huluオリジナル『雨が降ると君は優しい』が、本日9月16日(土)より配信スタート。過酷な運命に模索していく夫婦を演じた玉山鉄二と佐々木希に、作品への思いを聞いた。(以下敬称略)

ドラマ

玉山鉄二&佐々木希、セックス依存症の妻役「現場で激しく揺れ動く感情を大事にしたい」『雨が降ると君は優しい』

インタビュー ドラマ
星野源、30歳過ぎて変化「楽観的な部分が戻ってきた」目標は“無理しない”
Read More

星野源、30歳過ぎて変化「楽観的な部分が戻ってきた」目標は“無理しない”

シェアハウス「プラージュ」を舞台に、社会から一度は退場させられた住人たちが、不器用ながらも懸命に生きて行こうとする様を描く『連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~』(WOWOW)。本作で、ふとしたことで“前科者”になってしまう青年・吉村貴生役で主演を務めるのは、音楽家、俳優、文筆家と様々な顔を持つ星野源。その多彩な才能で多くの人を魅了する星野は今、仕事に対してどう向き合っているのか――。彼の内面に迫る話を聞いた。(以下敬称略) ■『プラージュ』星野源が語る――第1回:愛せるようになった“史上最低のダメ男役”「楽しみながら真っすぐに演じられた」

ドラマ

星野源、30歳過ぎて変化「楽観的な部分が戻ってきた」目標は“無理しない”

インタビュー ドラマ
山崎育三郎「30歳まではミュージカルしかやりたくなかった」今は“新しい自分に出会える毎日”が新鮮
Read More

山崎育三郎「30歳まではミュージカルしかやりたくなかった」今は“新しい自分に出会える毎日”が新鮮

4月期のドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)で東出昌大演じる同性の同僚に思いを寄せる役でも大きな話題となった山崎育三郎。今回、『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)で演じる“ドS”な所長・藍野しかり、個性的な役へのオファーが続く。そういった難役をどのような気持ちで演じているのか? また、ミュージカルと映像作品との違い、モチベーションとなるのはどのようなことなのか? その話しぶりから実直な人柄がうかがえる山崎の素顔に迫る。(以下、敬称略) ■『あいの結婚相談所』山崎育三郎が語る――第1回:“運命感じた”作品「自分以外に誰がこの役を演じるんだ!?って思った」

ドラマ

山崎育三郎「30歳まではミュージカルしかやりたくなかった」今は“新しい自分に出会える毎日”が新鮮

インタビュー ドラマ
「アキラ100%」が語る――第2回:いつ服を着るのか? 裸コスチュームなのでもう着なくても?
Read More

「アキラ100%」が語る――第2回:いつ服を着るのか? 裸コスチュームなのでもう着なくても?

2017年『R-1ぐらんぷり』の優勝以来、活躍の場を大きく広げているアキラ100%。異例の裸芸にてピン芸人の頂点を極めた彼が、このほどDVDをリリース。初回に引き続き、第2回はDVDの見どころとともに、優勝後のバラエティでの立ち振る舞いから、芸人としての“服”に対するアプローチなどを聞いた。 ◆「アキラ100%」が語る――第1回:見えてはいけないモノが…30分の1秒を巡るDVD発売までのスリリングな攻防  

バラエティ

「アキラ100%」が語る――第2回:いつ服を着るのか? 裸コスチュームなのでもう着なくても?

インタビュー バラエティ
星野源、愛せるようになった“史上最低のダメ男役”「楽しみながら真っすぐに演じられた」
Read More

星野源、愛せるようになった“史上最低のダメ男役”「楽しみながら真っすぐに演じられた」

音楽家、俳優、文筆家として様々なジャンルで活躍する才人・星野源。そんな彼が主演を務める『連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~』(WOWOW)が8月12日(土)よりスタートする。『ストロベリーナイト』の人気作家・誉田哲也の小説が原作の本作。様々な過去を背負い、居場所を失った厄介者たちが何かに引き寄せられたかのように集まるシェアハウス「プラージュ」を舞台に、そんな彼らが不器用ながらも懸命に生きていこうとする様を描く。本作で、酔っ払いのまま軽い気持ちで覚せい剤に手を出し“前科者”になってしまう吉村貴生を演じる星野に、演じる役柄や作品のことについて聞いた。(以下敬称略)

ドラマ

星野源、愛せるようになった“史上最低のダメ男役”「楽しみながら真っすぐに演じられた」

インタビュー ドラマ
山崎育三郎“運命感じた” 作品「自分以外に誰がこの役を演じるんだ!?って思った」
Read More

山崎育三郎“運命感じた” 作品「自分以外に誰がこの役を演じるんだ!?って思った」

入会金200万円と高額ながら、100%の成婚率を誇る結婚相談所。そこで、まったくマッチングしそうにない男女を結び付けるのが、ミステリアスな雰囲気を漂わせる藍野(あいの)だ。演じるのは、連ドラ初主演となる山崎育三郎。ミュージカル界のプリンスにして、最近は連続ドラマでの怪演も話題の山崎が、「自分のすべてをかけて演じている」と明かす藍野役。果たして、どのような役なのか? ドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)について聞いた。(以下、敬称略)

ドラマ

山崎育三郎“運命感じた” 作品「自分以外に誰がこの役を演じるんだ!?って思った」

インタビュー ドラマ
窪田正孝、20代最後の1年は「いい意味でバカに。型にハマらない存在になりたい」
Read More

窪田正孝、20代最後の1年は「いい意味でバカに。型にハマらない存在になりたい」

本日、8月6日(日)に、29歳の誕生日を迎えた窪田。高校生役に挑んでいる『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系)でも、常に全力で芝居に臨みながら、年若いキャストをサポートし、スタッフにも気遣いを忘れない。現場をとことん愛する窪田は、現場イチのムードメーカーでもある。今回は、そんな窪田の素顔に触れられるような話を聞いた。作品に対する熟考とは裏腹に、プライベートでの子どものような無邪気な一面が微笑ましい。(以下敬称略) 第1回:窪田正孝「ずっと鉄と触れ合ってた」学生時代…28歳の今だからできる“高校生役”

ドラマ

窪田正孝、20代最後の1年は「いい意味でバカに。型にハマらない存在になりたい」

インタビュー ドラマ
「アキラ100%」が語る――第1回:見えてはいけないモノが…30分の1秒を巡るDVD発売までのスリリングな攻防
Read More

「アキラ100%」が語る――第1回:見えてはいけないモノが…30分の1秒を巡るDVD発売までのスリリングな攻防

2017年『R-1ぐらんぷり』の優勝以来、活躍の場を大きく広げているアキラ100%。異例の裸芸にてピン芸人の頂点を極めた彼が、このほどDVDをリリース。細やかな芸へのこだわりや現在おかれている状況を聞いた。 ◆「アキラ100%」が語る――第2回:いつ服を着るのか? 裸コスチュームなのでもう着なくても?

バラエティ

「アキラ100%」が語る――第1回:見えてはいけないモノが…30分の1秒を巡るDVD発売までのスリリングな攻防

インタビュー バラエティ
窪田正孝「ずっと鉄と触れ合ってた」学生時代…28歳の今だからできる“高校生役”
Read More

窪田正孝「ずっと鉄と触れ合ってた」学生時代…28歳の今だからできる“高校生役”

“今が楽しければいい”と刹那的に生きていた高校生たちが、いたずらのつもりで仕掛けた爆弾が暴発し、死傷者を出す大惨事に。手に負えない現実に彼らは逃亡を決めるが、思いつきの逃亡がうまくいくはずもなく、次第に追い詰められていき…。異色の青春逃亡サスペンスとして注目を集めている『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系)。主人公のトビオを演じるのは、8月6日(日)で29歳となる窪田正孝だ。真摯に作品と向き合う窪田に思いを聞いた。(以下敬称略)

ドラマ

窪田正孝「ずっと鉄と触れ合ってた」学生時代…28歳の今だからできる“高校生役”

インタビュー ドラマ
『遺留捜査』上川隆也が語る――第2回:約20年前に父が遺した机に置かれた大事な言葉
Read More

『遺留捜査』上川隆也が語る――第2回:約20年前に父が遺した机に置かれた大事な言葉

人気シリーズ『遺留捜査』(テレビ朝日系)で6年にわたって“変わり者”の刑事・糸村を演じている上川隆也。一方、遺留捜査一筋、6年を経ても「感心するほど変わらない」と上川が評する糸村。アニメや車が好きだという自身の共通点とは? 役を通じて思うこと、座長として現場で心がけていることなど、今回は、上川自身のプライベートにも迫るべく質問を重ねた。 ■『遺留捜査』上川隆也が語る――第1回: “変人”糸村は6年間変わらない愛すべきキャラクター

ドラマ

『遺留捜査』上川隆也が語る――第2回:約20年前に父が遺した机に置かれた大事な言葉

インタビュー ドラマ
『遺留捜査』上川隆也が語る――第1回: “変人”糸村は6年間変わらない愛すべきキャラクター
Read More

『遺留捜査』上川隆也が語る――第1回: “変人”糸村は6年間変わらない愛すべきキャラクター

事件現場に残された被害者の遺留品。そこに込められた無言のメッセージに耳を傾けることで、事件の真相に迫り、被害者の思い紐解いていく…。上川隆也が演じるのは、そんな遺留品捜査のスペシャリストである刑事・糸村聡。その糸村が活躍する『遺留捜査』(テレビ朝日系)は人気を博し、7月13日(木)からは連続ドラマ第4シリーズが放送となる。シリーズ3作、スペシャルドラマ4作と、6年にわたり糸村を演じてきた上川に、作品、役に対する思いを聞いた。

ドラマ

『遺留捜査』上川隆也が語る――第1回: “変人”糸村は6年間変わらない愛すべきキャラクター

インタビュー ドラマ
「爆笑問題」が語る――第2回:若手芸人の憧れを背負いつつ、新たに見せたい夢の番組とは
Read More

「爆笑問題」が語る――第2回:若手芸人の憧れを背負いつつ、新たに見せたい夢の番組とは

「爆笑問題」のノンストップ漫才を収めたDVD『2017年度版 漫才 爆笑問題のツーショット』(以下、ツーショット)が目下発売中だ。前回のインタビューに引き続き、今回はテレビでの活躍や後輩へのアプローチなど、「爆笑問題」の未来について、太田光・田中裕二の2人に話を聞いた。(以下敬称略) ■「爆笑問題」が語る――第1回:ベテランにしてタブーに切り込むノンストップ漫才は、フルマラソンよりキツい  

バラエティ

「爆笑問題」が語る――第2回:若手芸人の憧れを背負いつつ、新たに見せたい夢の番組とは

インタビュー バラエティ
『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第3回:憧れの先輩は「高橋一生」 “普通”を演じる難しさ
Read More

『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第3回:憧れの先輩は「高橋一生」 “普通”を演じる難しさ

14歳にして是枝裕和監督の『誰も知らない』で史上最年少、日本人初の「カンヌ国際映画祭」の男優賞受賞。柳楽優弥と言えばまず、この“快挙”が思い浮かぶが、近年では連続テレビ小説『まれ』(NHK総合)や『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)、映画『ディストラクション・ベイビーズ』などで独特の存在感を放ち、10代の頃のイメージを上書きし、同世代の俳優陣の中でも随一の個性派俳優としての地位を確立しつつある。そんな彼が27歳にして初出演となった大河ドラマ『おんな城主 直虎』でどんな新風を吹かせるのか――? ■第1回:柴咲コウも高橋一生も出せない“フリーダム”な龍雲丸の魅力 ■第2回:大河のためなら“馬”購入! 「いつかは主演」の熱い想い

ドラマ

『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第3回:憧れの先輩は「高橋一生」 “普通”を演じる難しさ

インタビュー ドラマ
「爆笑問題」が語る――第1回:ベテランにしてタブーに切り込むノンストップ漫才は、フルマラソンよりキツい
Read More

「爆笑問題」が語る――第1回:ベテランにしてタブーに切り込むノンストップ漫才は、フルマラソンよりキツい

「爆笑問題」のライフワークともいえるノンストップ漫才を収めたDVD『2017年度版 漫才 爆笑問題のツーショット』(以下、ツーショット)が発売された。昨年のインタビューに引き続き、今回は新たに国際的な時事問題などを踏まえて、政治から芸能まで切れ味鋭いネタ作りの秘訣について、太田光・田中裕二の2人に話を聞いた。(以下敬称略)

バラエティ

「爆笑問題」が語る――第1回:ベテランにしてタブーに切り込むノンストップ漫才は、フルマラソンよりキツい

インタビュー バラエティ

ページTOP

ページTOP