インタビュー
『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第2回:大河のためなら“馬”購入! 「いつかは主演」の熱い想い
Read More

『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第2回:大河のためなら“馬”購入! 「いつかは主演」の熱い想い

『おんな城主 直虎』(NHK)でオリジナルキャラクターの龍雲丸を演じ、大河ドラマ初出演を果たした柳楽優弥。多くの俳優と同様、柳楽にとっても大河ドラマ出演は「念願だった」という。一部で、いつか大河ドラマに主演する日のために、柳楽が馬を購入したという報道もあったが、その真相は…? ■第1回:柴咲コウも高橋一生も出せない“フリーダム”な龍雲丸の魅力

ドラマ

『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第2回:大河のためなら“馬”購入! 「いつかは主演」の熱い想い

インタビュー ドラマ
『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第3回:『逃げ恥』『カルテット』に続くTBS火曜10時枠ヒットの法則
Read More

『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第3回:『逃げ恥』『カルテット』に続くTBS火曜10時枠ヒットの法則

いよいよ今夜、6月20日(火)に最終回を迎える『あなたのことはそれほど』(TBS系)。2組の夫婦の行く末もさることながら、波瑠演じる美都に対して批判(不倫に対する拒否反応ともいえる)を投じた視聴者にとっては、美都が最終的に改心するのかどうかも気がかりだろう。同ドラマを放送する火曜22時といえば、2016年に大ブームを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』、豪華俳優陣の共演で話題になった『カルテット』と立て続けにヒット作を生み出した枠。『あなそれ』もその波にのって有終の美を飾ることができるのか――最終回を前に、佐藤敦司プロデューサーに話を聞いた。 ■『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第1回:東出昌大“怪演”の裏側「涼太の狂気はますますヒートアップする」■『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第2回:山崎育三郎&中川翔子も東出昌大並みに大暴れ!? 結末はドラマオリジナル

ドラマ

『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第3回:『逃げ恥』『カルテット』に続くTBS火曜10時枠ヒットの法則

インタビュー ドラマ
『深夜食堂』小林薫が語る――第2回:単純なのに難しい“めしや”のレシピ「家で作ってみたんですけど…」
Read More

『深夜食堂』小林薫が語る――第2回:単純なのに難しい“めしや”のレシピ「家で作ってみたんですけど…」

2009年からスタートした『深夜食堂』。アジア各地でも大ブームとなり、昨秋公開、映画化2作目となった 『続・深夜食堂』は、小林薫が「第26回日本映画批評家大賞」実写部門にて主演男優賞を受賞した。インタビュー第2回では、約8年に及ぶ『深夜食堂』の軌跡について聞いた。 ■第1回:主演であって主役でない“めしや”マスターの立ち位置「レギュラーメンバーは動く書き割り」

ドラマ

『深夜食堂』小林薫が語る――第2回:単純なのに難しい“めしや”のレシピ「家で作ってみたんですけど…」

インタビュー ドラマ
『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第1回:柴咲コウも高橋一生も出せない“フリーダム”な龍雲丸の魅力
Read More

『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第1回:柴咲コウも高橋一生も出せない“フリーダム”な龍雲丸の魅力

初登場時は赤ふんどし一丁! その後のエピソードでも、ふんどしのインパクトに負けない存在感を放っている。女領主として激動の時代を駆け抜けた井伊直虎(柴咲コウ)の生涯を描く大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)でオリジナルキャラクターである盗賊団の頭・龍雲丸を演じている柳楽優弥。武家とは異なる視点から直虎に様々な刺激、示唆を与えるワイルドな風来坊をどのような思いで演じているのか? 柳楽に話を聞いた。

ドラマ

『おんな城主 直虎』柳楽優弥が語る――第1回:柴咲コウも高橋一生も出せない“フリーダム”な龍雲丸の魅力

インタビュー ドラマ
『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第3回:来週に続く連続性はテレビドラマ特有、地上波であれBSであれ挑戦すべき
Read More

『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第3回:来週に続く連続性はテレビドラマ特有、地上波であれBSであれ挑戦すべき

天海祐希演じる取調官、真壁有希子をはじめ、ベテランの俳優陣が取調官を演じ人気を博した『緊急取調室』(テレビ朝日系)の第2シーズンも好評の中、今夜、6月15日(木)に最終回を迎える。本作の脚本を務める井上由美子氏は、これまで様々なヒット作を生み出してきたが、彼女は現在の“テレビドラマ”をどう捉えているのだろうか――。テレビというメディアについて、これまでの自身の転機などについて聞いた。(以下敬称略) ■『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第1回:1話で連ドラ1本分の苦労をした台本作り■『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第2回:天海祐希を「お前!」と言われるような“後輩キャラ”で描いてみたかった

ドラマ

『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第3回:来週に続く連続性はテレビドラマ特有、地上波であれBSであれ挑戦すべき

インタビュー ドラマ
『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第2回:山崎育三郎&中川翔子も東出昌大並みに大暴れ!? 結末はドラマオリジナル
Read More

『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第2回:山崎育三郎&中川翔子も東出昌大並みに大暴れ!? 結末はドラマオリジナル

従来の“不倫ドラマ”とは異なり、ヒロインの美都(波瑠)に不倫への罪悪感が見受けられないことが物議を呼び、批判的な意見も含め大きな反響を集めている『あなたのことはそれほど』(TBS系)。6月6日(火)に放送された第8話は、不倫という罪を犯した美都への制裁なのか、何者かが美都を陥れようと動き始め、運命の歯車が再び大きく回り始めたことを予感させる展開だった。そんな主人公・美都の人生を大きく左右するであろう、彼女を取り巻く注目の人物について、ドラマの指揮を執る佐藤敦司プロデューサーに話を聞いた。 ■『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る―第1回:東出昌大“怪演”の裏側「涼太の狂気はますますヒートアップする」

ドラマ

『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第2回:山崎育三郎&中川翔子も東出昌大並みに大暴れ!? 結末はドラマオリジナル

インタビュー ドラマ
『深夜食堂』小林薫が語る――第1回:主演であって主役でない“めしや”マスターの立ち位置「レギュラーメンバーは動く書き割り」
Read More

『深夜食堂』小林薫が語る――第1回:主演であって主役でない“めしや”マスターの立ち位置「レギュラーメンバーは動く書き割り」

“元祖・食”ドラマとしても名高い小林薫・主演の『深夜食堂』シリーズ。昨年、Netflixで世界190カ国に同時配信された『深夜食堂 第四部』のBlu-ray&DVD発売に続き、昨秋に公開された映画『続・深夜食堂』もBlu-ray&DVDが発売された。 『深夜食堂』は『ビッグコミックオリジナル』(小学館刊)で連載中の「食」コミックを映像化した人気シリーズ。マスターがひとり、メニューは酒と豚汁定食だけという繁華街の路地裏にある小さな“めしや”を舞台に、訪れる客たちの悲喜こもごもの人生模様が描かれる。 2009年にドラマ版の第一部が始まって以降、回を追うごとに注目を集めた『深夜食堂』は、アジア各地でも話題となり、2015年に公開された劇場版は、大ブームを巻き起こした。 そして、第2弾として昨年公開された『続・深夜食堂』は、「第26回日本映画批評家大賞」実写部門で、主演の小林が主演男優賞を受賞。5月16日の授賞式直前、小林に自身が考える…

ドラマ

『深夜食堂』小林薫が語る――第1回:主演であって主役でない“めしや”マスターの立ち位置「レギュラーメンバーは動く書き割り」

インタビュー ドラマ
『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第2回:天海祐希を「お前!」と言われるような“後輩キャラ”で描いてみたかった
Read More

『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第2回:天海祐希を「お前!」と言われるような“後輩キャラ”で描いてみたかった

天海祐希が真実を追い求めるプロの取調官・真壁有希子を演じ、“生身の人間同士の死闘”を描く『緊急取調室』(テレビ朝日系)。有希子は、田中哲司、でんでん、大杉漣、小日向文世ら百戦錬磨の“おじ様”たちが演じる尋問のエキスパートと共に様々な事件に挑んできたが、本作も今夜、6月8日(木)の放送と来週の最終回と残り2回に。今回は、脚本を務める井上由美子氏に、天海を中心とした役者陣のチームワークについてと、最終回に向けての見どころを聞いた。(以下敬称略) ■『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第1回:1話で連ドラ1本分の苦労をした台本作り■『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第3回:来週に続く連続性はテレビドラマ特有、地上波であれBSであれ挑戦すべき

ドラマ

『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第2回:天海祐希を「お前!」と言われるような“後輩キャラ”で描いてみたかった

インタビュー ドラマ
『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第1回:東出昌大“怪演”の裏側「涼太の狂気はますますヒートアップする」
Read More

『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第1回:東出昌大“怪演”の裏側「涼太の狂気はますますヒートアップする」

波瑠が主演を務め、2組の夫婦の結婚生活と予測不能な四者四様の恋愛模様を描く『あなたのことはそれほど』(TBS系)。既婚者たちによるいびつな四角関係が話題となり、なかでも妻・美都(波瑠)に異常なまでの執着を見せる涼太(東出昌大)は、まるで『ずっとあなたが好きだった』(1992年・TBS系)の冬彦さん(佐野史郎)のようだと喝采を浴びた。一方、夫に不倫がバレたにも関わらず、それでもなお、好きな男に会おうとする美都には、「自分勝手!」「ひどすぎる!」という声が噴出。そんな反響を、制作陣や出演者はどう受け止めているのか――。ドラマの指揮を執る佐藤敦司プロデューサーに話を聞いた。 ■『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る―第2回:山崎育三郎&中川翔子も東出昌大並みに大暴れ!? 結末はドラマオリジナル

ドラマ

『あなたのことはそれほど』佐藤Pが語る――第1回:東出昌大“怪演”の裏側「涼太の狂気はますますヒートアップする」

インタビュー ドラマ
『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第1回:1話で連ドラ1本分の苦労をした台本作り
Read More

『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第1回:1話で連ドラ1本分の苦労をした台本作り

可視化設備の整った特別取調室で一筋縄ではいかない被疑者を取り調べる警視庁の専門チーム「緊急事案取調対応班」、通称・キントリの活躍を描く刑事ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)。2014年の連ドラ第1シーズン、昨年9月のスペシャルドラマを経て、現在、連ドラ第2シーズンが放送中。主演の天海祐希演じる主人公の取調官・真壁有希子が、田中哲司、でんでん、大杉漣、小日向文世ら百戦錬磨の“おじ様”たちが演じる尋問のエキスパートと力を合わせ、丁々発止の“闘い”を繰り広げながら被疑者を丸裸にしていくが、役者陣の安定した演技やその見ごたえのある内容が指示を集め、今期民放連ドラではトップの視聴率を獲得している。本作の脚本を担当している井上由美子氏に話を聞いた。(以下、敬称略) ■『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第2回:天海祐希を「お前!」と言われるような“後輩キャラ”で描いてみたかった■『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第3回:来週に続…

ドラマ

『緊急取調室』脚本・井上由美子が語る――第1回:1話で連ドラ1本分の苦労をした台本作り

インタビュー ドラマ
大河『直虎』高橋一生が語る――第3回:「やれることはやる」高橋流の仕事への向き合い方
Read More

大河『直虎』高橋一生が語る――第3回:「やれることはやる」高橋流の仕事への向き合い方

戦国時代から安土桃山時代にかけ、“直虎”と名乗り、遠江井伊谷の女領主となった女性の激動の生涯を描く、柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)。本作で、井伊家筆頭家老の小野但馬守政次を演じる高橋一生は、今回で大河ドラマ5回目の出演となる。今回は、高橋に大河ドラマの魅力や仕事のスタンスについて聞いた。(以下敬称略) ■大河『直虎』高橋一生が語る――第1回:セリフの間や呼吸でみせる柴咲コウとの演技■大河『直虎』高橋一生が語る――第2回:『軍師官兵衛』から引き継ぐ「内に秘めたるもの」

ドラマ

大河『直虎』高橋一生が語る――第3回:「やれることはやる」高橋流の仕事への向き合い方

インタビュー ドラマ
『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第4回:人見知りの2人が仲良しの「ハマちゃん&みち子」になれた理由
Read More

『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第4回:人見知りの2人が仲良しの「ハマちゃん&みち子」になれた理由

金曜8時のドラマ『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助』(テレビ東京系)で、ハマちゃん(浜崎伝助)とみち子さんを演じる濱田岳と広瀬アリス。鈴木一之助(スーさん)役の西田敏行をはじめ、キャスト陣は仲が良いとのことだが、2人は共に“人見知り”らしく、シーズン1当初は話せなかったという。そんな2人がどのようにして、心を開いていったのか――今回は2人の関係性や、俳優として転機を聞いた。(以下敬称略) ■『釣りバカ日誌』濱田岳&広瀬アリスが語る――第1回:西田敏行の前で“2代目ハマちゃん”を演じる重圧とは■『釣りバカ日誌』濱田岳&広瀬アリスが語る――第2回:“コメディエンヌ・広瀬アリス”が誕生した瞬間■『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第3回:役者の遊びを生かす『釣りバカ』の伝統…ふざけるのも楽じゃない!?

ドラマ

『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第4回:人見知りの2人が仲良しの「ハマちゃん&みち子」になれた理由

インタビュー ドラマ
『架空OL日記』バカリズムが語る――第3回:「締切もないのにネタを考えるなんて、愚かですよ(笑)」
Read More

『架空OL日記』バカリズムが語る――第3回:「締切もないのにネタを考えるなんて、愚かですよ(笑)」

初の原作・脚本・主演をドラマ『架空OL日記』で手がけるバカリズム。インタビュー第3回では、“架空OL”としての役作りから将来の展望まで心の内を伺った。(※以下敬称略) ■『架空OL日記』バカリズムが語る――第1回:「ネタはまずフォーマットありき。女性への悪意は込めていません!」■『架空OL日記』バカリズムが語る――第2回:「原作の面白さを正しく表現するには、僕が演じるしかなかった」

ドラマ

『架空OL日記』バカリズムが語る――第3回:「締切もないのにネタを考えるなんて、愚かですよ(笑)」

インタビュー ドラマ
『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第4回:テレビを取り巻く厳しい現状と、未来に馳せる思い
Read More

『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第4回:テレビを取り巻く厳しい現状と、未来に馳せる思い

『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)は、脚本家・倉本總の「若者向けになってしまった現代のテレビに“シルバー革命”を起こしたい」という思いから生まれたドラマ。それだけに、劇中には昨今のテレビ業界への風刺や提言なども散りばめられている。視聴率低迷が叫ばれる今の時代に番組を作っている当のテレビマンは、その思いを受け、何を感じるのだろう。「答えにくいと思いますが…」と前置きしたうえで、『やすらぎの郷』のプロデューサー・服部宣之氏に質問を投げかけてみると――。(以下敬称略) ■『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第1回:倉本總×昼ドラというチャレンジを、今新枠で始めるということ■『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第2回:日本屈指の脚本家・倉本總氏の手書き原稿を手にする喜び■『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第3回:石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ…倉本總の紡ぐ言葉に生命を吹き込み、昔と変わらぬ輝きを放つ名俳優

ドラマ

『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第4回:テレビを取り巻く厳しい現状と、未来に馳せる思い

インタビュー ドラマ
大河『直虎』高橋一生が語る――第2回:『軍師官兵衛』から引き継ぐ「内に秘めたるもの」
Read More

大河『直虎』高橋一生が語る――第2回:『軍師官兵衛』から引き継ぐ「内に秘めたるもの」

柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)。“直虎”と名乗り、遠江井伊谷の女領主となった女性の激動の生涯を描く本作で、井伊家筆頭家老・小野但馬守政次(鶴丸)を演じている高橋一生。井伊を裏切っていたように見えた政次だったが、5月7日(日)に放送された第18話で、直虎(柴咲)と和解することに。今回は高橋に政次という役について伺った。(以下、敬称略) ■大河『直虎』高橋一生が語る――第1回:セリフの間や呼吸でみせる柴咲コウとの演技■大河『直虎』高橋一生が語る――第3回:「やれることはやる」高橋流の仕事への向き合い方

ドラマ

大河『直虎』高橋一生が語る――第2回:『軍師官兵衛』から引き継ぐ「内に秘めたるもの」

インタビュー ドラマ
『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第3回:役者の遊びを生かす『釣りバカ』の伝統…ふざけるのも楽じゃない!?
Read More

『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第3回:役者の遊びを生かす『釣りバカ』の伝統…ふざけるのも楽じゃない!?

金曜8時のドラマ『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助』(テレビ東京系)で、ハマちゃん(浜崎伝助)とみち子さんを演じる濱田岳と広瀬アリス。『釣りバカ』の現場では、スーさん(鈴木一之助)を演じる西田敏行をはじめ、アドリブが当たり前の空間になっているという。今回は『釣りバカ』ならではの撮影の進め方について話を聞いた。(以下敬称略) ■『釣りバカ日誌』濱田岳&広瀬アリスが語る――第1回:西田敏行の前で“2代目ハマちゃん”を演じる重圧とは■『釣りバカ日誌』濱田岳&広瀬アリスが語る――第2回:“コメディエンヌ・広瀬アリス”が誕生した瞬間■『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第4回:人見知りの2人が仲良しの「ハマちゃん&みち子」になれた理由

ドラマ

『釣りバカ』濱田岳&広瀬アリスが語る――第3回:役者の遊びを生かす『釣りバカ』の伝統…ふざけるのも楽じゃない!?

インタビュー ドラマ

ページTOP

ページTOP