インタビュー
『チバテレ名誉終身応援団長』ジャガーさんが語る――第2回:番組作りは「全部自分でやらないと気が済まない」
Read More

『チバテレ名誉終身応援団長』ジャガーさんが語る――第2回:番組作りは「全部自分でやらないと気が済まない」

80年代から地元ローカル局で冠番組を持つなど、オリジナリティ溢れる立ち位置にて活躍の場を広げてきたジャガーさん。『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でも昨今の活躍は知られている。このほど地元のチバテレ終身名誉応援団長に就任、5月1日(月)の深夜よりレギュラー番組『おやすみジャガー天気予報』(チバテレ)が始まる。前編インタビューに引き続き後編では、往年のジャガーさんの冠番組『HELLO JAGUAR』や、アーティストとしての道のりを伺った。(※以下敬称略) ■『チバテレ名誉終身応援団長』ジャガーさんが語る――第1回:謎の私生活「ジャガー号で来ましたが、銀座でちょっと渋滞しました」  

テレビ局

『チバテレ名誉終身応援団長』ジャガーさんが語る――第2回:番組作りは「全部自分でやらないと気が済まない」

インタビュー テレビ局
『フランケンシュタインの恋』の中の人が語る――第2回:『野ブタ』も『Q10』も!「学園ドラマ」への偏愛
Read More

『フランケンシュタインの恋』の中の人が語る――第2回:『野ブタ』も『Q10』も!「学園ドラマ」への偏愛

綾野剛が“怪物”を演じることで話題の新ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ)のプロデューサー・河野英裕のインタビュー<後編>。「やりたくないことはやりたくない」と語る河野氏。亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久の共演で話題を呼んだ『野ブタ。をプロデュース』をはじめ、松山ケンイチが怪演で魅せた『銭ゲバ』、佐藤健がロボットに恋をした『Q10(キュート)』(すべて日本テレビ)など数々のドラマを手掛けてきたが、プロデューサーとしてのモノづくりでのこだわりとデジタル時代を迎えたことでの変化を聞いた。 ■第1回:綾野剛×二階堂ふみ×柳楽優弥 信頼&冒険のキャスティング「想像を超えてました」

ドラマ

『フランケンシュタインの恋』の中の人が語る――第2回:『野ブタ』も『Q10』も!「学園ドラマ」への偏愛

インタビュー ドラマ
朝ドラ『ひよっこ』有村架純が語る――第2回:高畑充希&土屋太凰…歴代ヒロインたちの言葉「私も同じ景色を見るために」
Read More

朝ドラ『ひよっこ』有村架純が語る――第2回:高畑充希&土屋太凰…歴代ヒロインたちの言葉「私も同じ景色を見るために」

2013年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクを果たし、今度はヒロインとして朝ドラの舞台に帰ってきた有村架純。長丁場の撮影ゆえ、体力・気力ともに過酷といわれる朝ドラの現場だが、そんな大変な毎日が始まる際、有村の元には友人である歴代のヒロインから励ましの言葉が届いたそうで……。 ■第1回:「想像以上のプレッシャー」次世代国民的女優が“朝ドラヒロイン”になるまで

ドラマ

朝ドラ『ひよっこ』有村架純が語る――第2回:高畑充希&土屋太凰…歴代ヒロインたちの言葉「私も同じ景色を見るために」

インタビュー ドラマ
『釣りバカ日誌』濱田岳&広瀬アリスが語る―第1回:西田敏行の前で“2代目ハマちゃん”を演じる重圧とは
Read More

『釣りバカ日誌』濱田岳&広瀬アリスが語る―第1回:西田敏行の前で“2代目ハマちゃん”を演じる重圧とは

テレビ東京が、2015年に『釣りバカ日誌』シリーズを初めて連ドラ化。濱田岳がハマちゃん(浜崎伝助)を、映画版でハマちゃんを演じた西田敏行が鈴木一之助(スーさん)役を演じることで話題を集めてから2年。シーズン2となる金曜8時のドラマ『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助』で、ハマちゃんとハマちゃんの恋仲になる・みち子を演じる濱田と広瀬アリスに、国民的人気シリーズのドラマ版に出るプレッシャーや、シーズン2の見どころを聞いた。(以下敬称略)

ドラマ

『釣りバカ日誌』濱田岳&広瀬アリスが語る―第1回:西田敏行の前で“2代目ハマちゃん”を演じる重圧とは

インタビュー ドラマ
『緊急取調室』天海祐希が語る――第2回:ハマり役の作り方 「真壁有希子」という女
Read More

『緊急取調室』天海祐希が語る――第2回:ハマり役の作り方 「真壁有希子」という女

天海祐希が真実を追い求めるプロの取調官・真壁有希子を演じ、“生身の人間同士の死闘”を描く『緊急取調室』(テレビ朝日)。連ドラの第1シリーズでは、天海がマニッシュなショートボブヘアーを披露し話題を呼んだが、第2シリーズでは長く美しい髪をさらに大幅カット。プロフェッショナルな役どころに、女優としての熱い矜持をぶつけている。今回は、有希子を演じる上でのポリシーや、自身にとっての“プロ論”、芸能人生の今後の展望などを伺う。 ■第1回:“おじ様”俳優への絶対的信頼 「おじさんたちがついてる!」

ドラマ

『緊急取調室』天海祐希が語る――第2回:ハマり役の作り方 「真壁有希子」という女

インタビュー ドラマ
『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第1回:倉本總×昼ドラというチャレンジを、今新枠で始めるということ
Read More

『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第1回:倉本總×昼ドラというチャレンジを、今新枠で始めるということ

この春、シニア世代に向けた帯ドラマ枠を新設したテレビ朝日。その裏には、脚本家・倉本總氏の「若者向けになってしまった現代のテレビに“シルバー革命”を起こしたい」という思いがあった。その第1弾となる『やすらぎの郷』は、テレビ人専用の老人ホームを舞台に、そこで暮らすかつてのスターたちの生活をユーモラスに描いた人間喜劇。これまで数々の名作を生み出してきた同氏の集大成ともいえる作品だ。プロデュースを手掛けるのは、2年前まで東海テレビに在籍し、10年以上にわたって昼ドラを手掛けてきた服部宣之プロデューサー。テレビ朝日への入社早々、再び帯ドラマに携わることを「天命」と話す服部氏に、話を聞いた。(以下敬称略)  

ドラマ

『やすらぎの郷』服部宣之Pが語る――第1回:倉本總×昼ドラというチャレンジを、今新枠で始めるということ

インタビュー ドラマ
『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第3回:「モーニング娘。」が私の“ハッピーちゃん” 母は「やすらぎの場所」
Read More

『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第3回:「モーニング娘。」が私の“ハッピーちゃん” 母は「やすらぎの場所」

倉本聰が脚本を務め、主演の石坂浩二、浅丘ルリ子といった超豪華俳優陣が集う昼ドラ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で、”ハッピー”というバーテンダー役で若手らしいみずみずしさと、個性を光らせる松岡茉優。大先輩の中で充実の時間を過ごしているように見える彼女に、自身が感じる「ハッピー」と「やすらぎの場所」を聞いた。(以下敬称略) ■第1回:倉本聰や石坂浩二と向き合う22歳若手女優の本音■第2回:倉本聰先生の感覚にゾクッとします…イマドキの子の気持ちが何で分かるのって

ドラマ

『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第3回:「モーニング娘。」が私の“ハッピーちゃん” 母は「やすらぎの場所」

インタビュー ドラマ
『チバテレ名誉終身応援団長』ジャガーさんが語る――第1回:謎の私生活「ジャガー号で来ましたが、銀座でちょっと渋滞しました」
Read More

『チバテレ名誉終身応援団長』ジャガーさんが語る――第1回:謎の私生活「ジャガー号で来ましたが、銀座でちょっと渋滞しました」

ジャガー星からやってきた千葉のスター、ジャガーさん。80年代から地元ローカル局で冠番組を持つなど、千葉では知らない者はいない。『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でも昨今躍進著しいジャガーさん。このほど新たにチバテレ終身名誉応援団長に就任、5月からレギュラー番組『おやすみジャガー天気予報』(チバテレ)が始まる。インタビュー前編では、応援団長就任の経緯や謎に包まれたプライベート、そして千葉への愛を聞いた。(※以下敬称略)

テレビ局

『チバテレ名誉終身応援団長』ジャガーさんが語る――第1回:謎の私生活「ジャガー号で来ましたが、銀座でちょっと渋滞しました」

インタビュー テレビ局
『フランケンシュタインの恋』の中の人が語る――第1回:綾野剛×二階堂ふみ×柳楽優弥 信頼&冒険のキャスティング「想像を超えてました」
Read More

『フランケンシュタインの恋』の中の人が語る――第1回:綾野剛×二階堂ふみ×柳楽優弥 信頼&冒険のキャスティング「想像を超えてました」

綾野剛が“怪物”を演じることで話題の新ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ)。不倫や日常系と言われるシットコム作品など、リアルな世界観のドラマが数多く見られる近年のテレビドラマの中で異彩を放つ本作を仕掛けるのは、亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久の共演で話題を呼んだ『野ブタ。をプロデュース』をはじめ、松山ケンイチが怪演で魅せた『銭ゲバ』、佐藤健がロボットに恋をした『Q10(キュート)』(すべて日本テレビ)などを手掛けた河野英裕プロデューサー。<前編>は、綾野剛で何を見せてくれるのか、話を聞いた。

ドラマ

『フランケンシュタインの恋』の中の人が語る――第1回:綾野剛×二階堂ふみ×柳楽優弥 信頼&冒険のキャスティング「想像を超えてました」

インタビュー ドラマ
『緊急取調室』天海祐希が語る――第1回:“おじ様”俳優への絶対的信頼 「おじさんたちがついてる!」
Read More

『緊急取調室』天海祐希が語る――第1回:“おじ様”俳優への絶対的信頼 「おじさんたちがついてる!」

可視化設備の整った特別取調室で一筋縄ではいかない被疑者を取り調べる警視庁の専門チーム「緊急事案取調対応班」、通称・キントリの活躍を描く刑事ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日)。2014年の連ドラ第1シーズン、昨年9月のスペシャルドラマを経て、この春、待望の連ドラ第2シーズンに突入する。田中哲司、鈴木浩介、でんでん、大杉蓮、小日向文世ら百戦錬磨の“おじ様”たちが演じる尋問のエキスパートと力を合わせ、丁々発止の“闘い”を繰り広げながら被疑者を丸裸にしていく主人公の取調官・真壁有希子を演じる女優・天海祐希が、本作の見どころや裏話を語った。

ドラマ

『緊急取調室』天海祐希が語る――第1回:“おじ様”俳優への絶対的信頼 「おじさんたちがついてる!」

インタビュー ドラマ
『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第2回:倉本聰先生の感覚にゾクッとします…イマドキの子の気持ちが何で分かるのって
Read More

『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第2回:倉本聰先生の感覚にゾクッとします…イマドキの子の気持ちが何で分かるのって

自身が「みなさまの給仕係」という気持ちで、倉本聰が脚本を務める昼ドラ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)の現場に臨んでいると明かす松岡茉優。確かな演技力はもちろん、そういった気配りの巧みさが、主演の石坂浩二をはじめ、浅丘ルリ子、山本圭、ミッキー・カーチスといったベテラン俳優たちを魅了している理由だろう。彼女が演じる“ハッピー”というバーテンダーの役柄を通じて、その素顔に迫る。(以下敬称略) ■第1回:倉本聰や石坂浩二と向き合う22歳若手女優の本音■第3回:「モーニング娘。」が私の“ハッピーちゃん” 母は「やすらぎの場所」

ドラマ

『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第2回:倉本聰先生の感覚にゾクッとします…イマドキの子の気持ちが何で分かるのって

インタビュー ドラマ
『恋ヘタ』高梨臨が語る――田中圭とのガッツリ初共演 「結構恥ずかしいんですけど(笑)」
Read More

『恋ヘタ』高梨臨が語る――田中圭とのガッツリ初共演 「結構恥ずかしいんですけど(笑)」

恋に不器用な登場人物たちが織り成すラブコメディー『恋がヘタでも生きてます』(日本テレビ系)で、約4年ぶりの連続ドラマ主演を果たす女優・高梨臨。会社の経営トップに立つことを目指す一方、恋は最長2カ月しか続いたことがないという“恋ヘタ”なアラサー女子・茅ヶ崎美沙役で新境地に挑んだ高梨が、今作に懸ける意気込みや恋愛観、自身の“不器用ポイント”などを赤裸々に語った。

ドラマ

『恋ヘタ』高梨臨が語る――田中圭とのガッツリ初共演 「結構恥ずかしいんですけど(笑)」

インタビュー ドラマ
朝ドラ『ひよっこ』有村架純が語る――第1回:「想像以上のプレッシャー」次世代国民的女優が“朝ドラヒロイン”になるまで
Read More

朝ドラ『ひよっこ』有村架純が語る――第1回:「想像以上のプレッシャー」次世代国民的女優が“朝ドラヒロイン”になるまで

『べっぴんさん』の芳根京子からバトンを引き継ぎ、この春から朝の顔としてNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』に出演する有村架純。今回のヒロイン役は、通常のオーディション選出とは異なり、今作が“朝ドラ”3作目となる脚本家・岡田惠和氏の熱烈なオファーによって実現。それだけに、出演が決まった当初の有村は「私でいいの?」と不安が大きかったという。しかし、取材の時点で撮影はすでに3カ月目に突入し、その表情は明るく晴れやかだ。果たして、現在の心境は? ヒロイン・谷田部みね子を演じるにあたっての意気込みや、作品の魅力について話を聞いた。

ドラマ

朝ドラ『ひよっこ』有村架純が語る――第1回:「想像以上のプレッシャー」次世代国民的女優が“朝ドラヒロイン”になるまで

インタビュー ドラマ
『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第1回:倉本聰や石坂浩二と向き合う22歳若手女優の本音
Read More

『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第1回:倉本聰や石坂浩二と向き合う22歳若手女優の本音

脚本家・倉本聰が手掛ける『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)が、4月3日(月)よりスタート。本作は、倉本が同世代の視聴者へのエールとして紡ぐ、まったく新しい“昼ドラ”だ。舞台となるのは、テレビ業界で活躍した人だけが入れる老人ホーム。石坂浩二、浅丘ルリ子といった、超豪華俳優たちがそろい踏みする中、施設内のバーに勤めるバーテンダー役に抜擢された松岡茉優は、どのような思いで作品に向き合っているのか? 活躍目覚ましい22歳に聞いた。(以下敬称略) ■第2回:倉本聰先生の感覚にゾクッとします…イマドキの子の気持ちが何で分かるのって■第3回:「モーニング娘。」が私の“ハッピーちゃん” 母は「やすらぎの場所」

ドラマ

『やすらぎの郷』松岡茉優が語る――第1回:倉本聰や石坂浩二と向き合う22歳若手女優の本音

インタビュー ドラマ
『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第6回:YOUの“バズる”名言「デジタル時代のNHK」
Read More

『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第6回:YOUの“バズる”名言「デジタル時代のNHK」

「プロ彼女」「偽装キラキラ女子」など、ほかではあまり扱われないような人物をゲストに招くことで話題の『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)の“中の人”に聞く企画の最終回。前回に続き、ディレクター・藤江千紘氏へのインタビュー第3回は、番組MCの2人について、そしてSNSでを聞いてみた。  <1人目の中の人:大古滋久(チーフ・プロデューサー)> ■第1回:「ネットの人たちを振り向かせたい」 ■第2回:“闇と嘘”を見極める取材力 ■第3回:予言はガチ! 3月でレギュラー放送終了のワケ  <2人目の中の人:藤江千紘(ディレクター)> ■第1回:NHK vs ネット特定班…「匿名性」めぐる仁義なき戦い ■第2回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音

バラエティ

『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第6回:YOUの“バズる”名言「デジタル時代のNHK」

インタビュー バラエティ
『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第5回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音
Read More

『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第5回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音

タブーを恐れない新型トークバラエティ『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)の“中の人”に聞く企画第5回。前回に引き続き、ディレクター・藤江千紘氏へのインタビュー第2回では収録の裏側について聞いてみた。 <1人目の中の人:大古滋久(チーフ・プロデューサー)> ■第1回:「ネットの人たちを振り向かせたい」 ■第2回:“闇と嘘”を見極める取材力 ■第3回:予言はガチ! 3月でレギュラー放送終了のワケ  <2人目の中の人:藤江千紘(ディレクター)> ■第1回:NHK vs ネット特定班…「匿名性」めぐる仁義なき戦い 

バラエティ

『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第5回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音

インタビュー バラエティ

ページTOP

ページTOP