インタビュー
MCの山里亮太 & YOUはモグラに変身/『ねほりんぱほりん』-(C) NHK

『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第5回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音

MCの山里亮太 & YOUはモグラに変身/『ねほりんぱほりん』-(C) NHK

タブーを恐れない新型トークバラエティ『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)の“中の人”に聞く企画第5回。前回に引き続き、ディレクター・藤江千紘氏へのインタビュー第2回では収録の裏側について聞いてみた。

<1人目の中の人:大古滋久(チーフ・プロデューサー)>

第1回:「ネットの人たちを振り向かせたい」

第2回:“闇と嘘”を見極める取材力

第3回:予言はガチ! 3月でレギュラー放送終了のワケ
 

<2人目の中の人:藤江千紘(ディレクター)>

第1回:NHK vs ネット特定班…「匿名性」めぐる仁義なき戦い
 

現場は山里亮太&YOUにおまかせ――「番組の流れはお伝えしてません」

――だいたい1回の収録でどのくらいカメラを回すんでしょうか?

藤江:実は、ゲストにお話を伺いする収録では、カメラを回していないんです。いわゆるラジオ用のスタジオで、音声のみを録音します。カメラを意識せずに、リラックスした雰囲気の中で会話をしていただきたいという理由からそうしています。30分番組1本で、だいたい1時間45分~2時間ぐらい。でも、その人の人生に迫っていかなければならないし、トークが盛り上がるので、あっという間ですね。

――話の流れは事前にどのくらい決まっているんでしょうか?

藤江:山里(亮太/南海キャンディーズ)さんには、ディレクターが取材してこういう話が面白かったですよ、っていうポイントはお渡しているんです。だけど、基本的にはそれ通りにはいかないです。というのも、YOUさんには誰がゲストかも知らない状態で座ってもらって、ゲストが部屋に入ってきて「はじめまして」から、すべておまかせ。その場で気になったことをどんどん聞いてもらいます。あえて、番組の流れなどはまったくお伝えしていません。

――YOUさんが自由にガンガン斬り込んでいくことで、話が思わぬ方向に深まっていくことが多いですよね。

藤江:そうだと思います。事前にディレクターが長時間かけて取材をしているので、「この人はこういうところが面白い」っていうのを知っているつもりなんですけど、YOUさんはそれを全く知らないところから新たに掘り出してくださいますからね。山里さんも制作スタッフも、みんな毎回すごい発見感があるんです。あっ、そうだったんだ、と。その何が起こるか分からないワクワクする感じが番組の面白さにつながっているのでは、と思います。

あと、YOUさんは本当にゲストに対して情報ゼロで会っているので、視聴者の方がテレビを見ている時の感覚とすごく近いんじゃないかと思います。見る人が気になる順に、素直にゲストに質問をぶつけていくので、そういうのもすごく面白いです。

――YOUさんは視聴者の立場に近いということですね。

藤江:近いと思いますね。もう何にも考えていない……いや、何も考えてないことはないと思うんですけど(笑)、この質問したらこう返ってくるかな、とか、番組を面白くするために、というような作為がなくて、本当に気になったことを聞いてらっしゃるだけなんですよね。だから、思いもよらなかったことを掘り当ててくださることもあるんです。「没落社長」の回でも、急に、「あなた、夜の方も強いんでしょ」みたいなことを言ったりして。そんな流れ、誰も想定してなかったんですけど、でもその話が一代で富を築いた社長のたくましさとか、底知れないエネルギーとかバイタリティとかを表している、とも言えるわけじゃないですか。私たちが取材していて何となくは感じていたけど言葉にできていなかった面白さを、全然違う角度からポーンと言ってくれるので、それがすごく面白いですね。

――現場でカンペなどで指示を出したりすることはあるんでしょうか。

藤江:一応、本当に話が収拾つかなくなったときには「この話をしましょうか」って山里さんに見せたりはします。でも、基本的には2人にお任せです。番組の冒頭では一応、視聴者の人には人形しか見えていなくて、どういう外見の人なのか分からないので、見た目や雰囲気がどういう感じなのか言葉で表現してくださいね、っていうのは山里さんには伝えているんですけど、こちらが言ってもらわなきゃ!と意識する前に、YOUさんが思っていることを素直に言ってくださっていますね。

オススメ記事
コメント
  • かなえ(°_°) @kanae38

    RT @televi_pablo: 『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第5回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音 https://t.co/TMj7Nf4Rys #ねほりんぱほりん #Eテレ #山里亮太 #YOU #藤江千紘 #占い師 https://t.co/2…

  • 日和 @hiyori_k

    RT @televi_pablo: 『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第5回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音 https://t.co/TMj7Nf4Rys #ねほりんぱほりん #Eテレ #山里亮太 #YOU #藤江千紘 #占い師 https://t.co/2…

  • 伊波 @ihacomcom

    RT @televi_pablo: 『ねほりんぱほりん』の中の人が語る――第5回:山里亮太&YOUの“掘る力” 台本のない本音 https://t.co/TMj7Nf4Rys #ねほりんぱほりん #Eテレ #山里亮太 #YOU #藤江千紘 #占い師 https://t.co/2…

もっと見る
話題の人物
インタビュアー

ラリー遠田

ラリー遠田

1979年生まれ。東京大学文学部卒業。作家・ライター、お笑い評論家として執筆、講演、イベントプロデュースなど多方面で活動。主な著書に『逆襲する山里亮太』(双葉社)、『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)がある。『ヤングアニマル』(白泉社)に連載中の漫画『イロモンガール』の原作を手がける。

執筆記事を読む

あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP