ニュース
吉高由里子(鎌田倫子役)/『東京タラレバ娘』-(C) 日本テレビ

吉高由里子、2年ぶりドラマ主演! 東村アキコ原作『東京タラレバ娘』ドラマ化

ドラマ
吉高由里子(鎌田倫子役)/『東京タラレバ娘』-(C) 日本テレビ

女優の吉高由里子が、2017年1月からスタートする漫画家・東村アキコ原作の『東京タラレバ娘』で主演を務めることが明らかとなった。吉高は、NHKの連続テレビ小説『花子とアン』以来2年ぶりのテレビドラマ主演となる。

原作コミックは、「いくつになっても自分が主役だと思ってた。本気出したら、恋も仕事も手に入れられると」「愛してくれる男が現れる保証もなければ、そいつが結婚してくれる保証もない」などのセリフが、女性たちの心にグサグサ突き刺さり、女性読者の悲鳴と共感を呼び、累計発行部数180万部を突破した人気作。

本作で吉高が演じるのは、30歳・独身の売れない脚本家・鎌田倫子。彼氏もおらず、親友の香と小雪と3人で居酒屋で女子会ばかり繰り返す日々を送り、「キレイになっ“たら”もっといい男が現れる!」「好きになれ“れば”ケッコンできる!」と話していると、突然、年下のイケメン男子に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい、突然、厳しい現実と向き合うことに。オトナになりきれないまま30代に突入した倫子が、幸せを求めて、恋に仕事にと悪戦苦闘する姿をコミカルに描き出す。

本作について「リアルで心にグサッと来る痛い部分もたくさんあって、本当に共感できる素敵な作品です」と語る吉高は、「私は28歳ですが、同級生が結婚したりママになったりしていて『あ、そんな歳になったんだなぁ』と思う一方、ずっと仲の良い友人たちと一緒に歳を重ねているので、あまりピンと来なかったりもして…。そういった意味では、『タラレバ言いながら、女子会ばかりやってたらこんな歳になってしまった』という倫子と似ている部分もあるのかも、と思います」と今回の役柄と自身を重ねてコメントを寄せている。

制作陣には、『花咲舞が黙ってない』『ごくせん』シリーズなど痛快なヒロインが活躍するヒット作を手掛けてきた加藤正俊プロデューサーと脚本家・松田裕子氏のコンビが名を連ねている。

『東京タラレバ娘』は2017年1月より、毎週水曜に日本テレビにて放送。

漫画家・東村アキコ -(C) 山口宏之
オススメ記事
コメント
話題の人物
あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.
注目記事

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP