ニュース
『火花』を漫画化/『週刊ビッグコミックスピリッツ』-(C) 武富健治・又吉直樹/小学館

又吉直樹『火花』が漫画化! 『鈴木先生』の武富健治にラブコールで実現

『火花』を漫画化/『週刊ビッグコミックスピリッツ』-(C) 武富健治・又吉直樹/小学館

芥川賞を受賞し、Netflixでドラマ化もされた又吉直樹(ピース)の小説『火花』(文藝春秋刊)が、小学館の漫画誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』53号(11月28日発売号)より漫画作品として新連載されることが発表された。

原作は、売れない芸人・徳永と奇想の天才である先輩芸人・神谷の不思議な師弟関係を通して、笑いとは何か? 人間とは何か?を描き出した純文学。又吉の“文学芸人”という特殊な立ち位置とも相まって、社会現象を巻き起こした。

そんな原作を今回、漫画として描くことになったのは、『鈴木先生』(双葉社刊)などで知られる漫画家・武富健治。又吉が武富のファンだったこともあり、そのラブコールに応える形で実現に至った。

漫画家にあたり又吉は、「武富先生の漫画は文学を読んでいる感覚で読めるんです。たとえば、『火花』を読んでいない人に『内容話しといたで』と友達から言われたら、そういうことちゃうねんって思うじゃないですか。でもそいつが噺家さんとか喋りのプロやったら、ありがとうございますって思う。『火花』をわかりやすく伝える必要はなくて、漫画版の『火花』という作品として成立してもらいたい。原作と読み比べてもらってもいいですし、漫画を楽しんだあとに、小説はあんまり読まへんけど試しに読んでみようかなと、手にとってもらってもありがたいですね」とコメントを寄せている。

<書籍情報>
■『週刊ビッグコミックスピリッツ』
発売日:11月28日(月) ※漫画版『火花』連載スタート日
価格:350円(税込)
公式サイト:http://spi-net.jp/

『火花』を手掛けた又吉直樹(ピース)
オススメ記事
コメント
話題の人物
あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.
注目記事

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP