ニュース
阿部サダヲ&深田恭子&山田美紅羽/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶

深田恭子、阿部サダヲに渾身のビンタ! 「私の芝居史上、一番うまく入った」

ドラマ
阿部サダヲ&深田恭子&山田美紅羽/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶

阿部サダヲ・主演のドラマ『下剋上受験』(TBS)の舞台挨拶が1月8日(日)、都内で行われ、阿部をはじめ、深田恭子、子役の山田美紅羽が出席した。

本作は、中卒の父と偏差値41の娘が、塾にも通わず二人三脚で最難関中学を目指した奇跡の実話をドラマ化。阿部は500日間で娘の偏差値を30上げた熱血漢の父親を演じ、その妻を深田、娘を山田が演じる。

劇中さながらのお揃いのスタジャンで登場した阿部、深田、山田は口を揃えて3人のチームワークの良さをアピール。阿部は「和気あいあいとしていて“家族仲”が良いんです。撮影の関係で、毎日一緒のシーンがあるわけじゃないので、もっと一緒にいたいんですよ」と語ると、深田も「リハーサルの段階から、阿部さんが家族の空気感を作ってくださるので、とても演じやすいです。美紅羽ちゃんが本当に可愛いので私もずっと一緒にいたいです」と笑顔を見せる。

山田は「本当の親みたいなんです」と阿部と深田を見つめると、「私の誕生日が近かったのですが、深田さんからはお菓子とサイン入りカード、阿部さんからはレッグウォーマーや靴下などをもらったんです」というエピソードを披露。そんな山田に、阿部は「あとでお年玉あげるからね」と発言するなど、本当の家族のように仲睦まじい様子を見せた。

母親役に挑戦した深田は「台本をいただいて、小学校5年生のお母さんを演じるんだなと改めて自分の年齢を感じました」と率直な感想を述べると、「私はお芝居をする際、目と目を合わせてお話することが多いのですが、お母さんって、家事をしながら子どもや夫と話をすることが多いなと感じたので、そういった生活感を意識してお芝居しました」と役作りについて語った。さらに劇中、夫のダメぶりに頬をひっぱたくシーンが登場するが、阿部は「すごいビンタでした」と撮影を振り返ると、深田も「私の芝居史上、一番うまく入ったビンタでした」と苦笑いを浮かべていた。

お受験がテーマの作品だが、この日3人と共に登壇した番組プロデューサーの渡辺良介氏は「単なるお受験ものではなく、親が子を思う愛情が詰まったホームドラマとして見てもらいたいです」と見どころを語っていた。

『下剋上受験』は1月13日(金)より毎週金曜22時~TBSにて放送。

  • 阿部サダヲ/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶
  • 阿部サダヲ/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶
  • 深田恭子/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶
  • 深田恭子/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶
  • 山田美紅羽/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶
  • 山田美紅羽/ドラマ『下剋上受験』舞台挨拶
あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.
コメント
もっと見る
話題の人物
オススメ記事
注目記事

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP