ニュース
ゲスト声優に抜擢されたサバンナ(八木真澄、高橋茂雄)/『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』-(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

“ドラえもん知識王”サバンナ高橋、『映画ドラえもん』で声優! 「敵でした」と苦悩

ゲスト声優に抜擢されたサバンナ(八木真澄、高橋茂雄)/『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』-(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

3月に公開を控える『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』。このほど、本作のゲスト声優として、“無類のドラえもん好き”というお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄と八木真澄が出演することが発表された。

今回は南極を舞台に、氷の下の古代都市、さらにはスノーボールアース(全地球凍結)理論など、原作者の藤子・F・不二雄の得意とするSF(すこし・ふしぎ)が満載の大冒険が描かれる。原点回帰とも言える題材を描く本作の監督には、スタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』(2001年)にて監督助手を務めた高橋敦史氏が手掛ける。

そんな本作で、“ドラえもん知識王”の称号を持つ高橋と相方の八木が演じるのは、ドラえもんたちの前に立ちはだかる古代遺跡を守る石像。音が弱点のオクトゴンを八木が、オクトゴンより賢い怪鳥・ヤミテムを高橋が演じる。

アフレコを終えた高橋は、「小さいころからずっと『ドラえもん』と一緒に成長してきたと思っていたので、このお話を聞いた時は夢が叶った気持ちで本当に嬉しかったです。ドラえもんたちと一緒に冒険出来るかなと思ったら…仲間ではなく、ドラえもんたちを苦しめる敵でした。ドラえもんたちを苦しめなくてはいけない役、というのが本当に心苦しくて…役作りがとても難しかったです。『もっとやれ!じゃないと映画が成り立たないぞ!』と自分を奮い立たせて頑張りました(笑)」と“ドラえもん好き”ならではの苦しみがあったようだ。

一方、「小さいころの初恋の相手が実はドラミちゃんなんです(笑)」という八木は、「お話頂いたとき、嬉しい気持ちと甘酸っぱい気持ちでくすぐったくなりました。初めて声優という仕事をさせて頂いたので、始めは不安と緊張でいっぱいでした」とアフレコを振り返っている。

ドラえもんへの愛に溢れた2人がどんな声で演じているのか注目だ。

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は3月4日(土)より全国にて公開。

オススメ記事
コメント
  • テレビPABLO @televi_pablo

    “ドラえもん知識王”サバンナ高橋、『映画ドラえもん』で声優! 「敵でした」と苦悩 #ドラえもん #南極カチコチ #サバンナ高橋 #サバンナ八木 #声優 https://t.co/4Qvp7NGZvo https://t.co/XNUQuFKFoe

  • テレビPABLO @televi_pablo

    【テレビPABLO/最新News】 “ドラえもん知識王”サバンナ高橋、『映画ドラえもん』で声優! 「敵でした」と苦悩 - ゲスト声優に抜擢されたサバンナ(八木真澄、高橋茂雄)/『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』... https://t.co/UzNUgGVJzN

話題の人物
あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.
注目記事

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP