ニュース
清水富美加/『龍の歯医者』アフレコ取材会

清水富美加、声優初挑戦も大苦戦中?「不安が8割」

アニメ
清水富美加/『龍の歯医者』アフレコ取材会

女優の清水富美加が1月10日(火)、映像監督の庵野秀明が代表を務めるスタジオカラーが手掛ける、2017年2月スタートのテレビアニメ『龍の歯医者』(NHK BSプレミアム)のアフレコ取材会に出席した。

巨大な龍が棲む世界を舞台に、 国の守護神であり、龍を“虫歯菌”から守る新米・歯医者の野ノ子の活躍を描いた本作。主演声優として主人公・岸井野ノ子の声を担当する清水は本作が声優初挑戦にして、アニメ初主演。「新しいことと難しいことが両方あります。最初は強気なことも言っていたんですが、今は不安が8割、期待が2割です」と照れ笑い。

「でも、すごく素敵だなと思える女の子をやらせてもらえたのと、素敵な作品に参加させてもらえたことが嬉しい。あの子に頼めばよかったって言われないように頑張ります」と意気込み。「表情や体を使わずに、そのシーンをすべて声だけで表現するということの難しさ。やったことがない人はみんなそういうと思うんですけど、当てたのを見るとのっぺりしていて、声を乗せるのは改めて難しいなって。コミカルさとか、咀嚼音ですら声で表現しないといけない」とアフレコの難しさをしみじみ。

本作には岡本信彦や山寺宏一など一流の声優陣も参加しているが、直接一緒にアフレコ共演はなかったものの、彼らがすでに終えた収録の声に驚かされたとも話し、「今日初めてアフレコ映像を見ながらやらせてもらったんですけど、声だけなのに全然迫力が違うんです。泣きそうになるくらいすごいです。普段のわたし風に言えば、『半端なかった!』って感じです」と清水。

会見には本作のメガホンをとる鶴巻和哉監督も出席したが、監督については「最初お会いした時は優しいそうって思ったんですけど、アフレコルームに来たら、厳しくて……。もしかしたら(それでも)甘やかされている方なのかもしれないですが、(自分的には)厳しいなって。でも、そういう風にしないといい作品にならないし、わたしももっと頑張ります」と申し訳なさそうにコメント。

監督の方は「最初に会った時から心配していなかった。何しろ声質が好きで。この声が当ててあれば満足だった」と清水について太鼓判。「NHKの(番組)『シブヤノオト』を見ている時に、『あ、清水さんいいじゃん』って思ったんです。バラエティに出ている時の前に出る感じや瞬発力のようなものも、この作品には向いていると思った」と笑顔で話していた。

<放送スケジュール>
■『龍の歯医者』
放送日時:<前編>2017年2月18日(土)20時~NHK BSプレミアムにて
     <後編>2017年2月25日(土)20時~NHK BSプレミアムにて

  • 清水富美加/『龍の歯医者』アフレコ取材会
  • 清水富美加&鶴巻和哉監督/『龍の歯医者』アフレコ取材会
オススメ記事
コメント
話題の人物
あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.
注目記事

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP