ニュース
柳澤英子氏(料理研究家)/『全部レンチン!やせるおかず作りおき2』(小学館刊)

TOKIO国分&真矢ミキも『ビビット』で驚き! 番組ADのお腹もマイナス16㎝の“やせおか”レシピ

柳澤英子氏(料理研究家)/『全部レンチン!やせるおかず作りおき2』(小学館刊)

累計246万部を突破したベストセラー『やせるおかず』シリーズ(小学館刊)の著者で、料理研究家の柳澤英子氏が、本日、6月5日(月)放送の国分太一(TOKIO)と真矢ミキがメインキャスターを務める朝の情報ワイドショー『ビビット』(TBS系)に出演。全部電子レンジでつくれる、簡単作りおきレシピを紹介した。

柳澤氏は、52歳のときに食を楽しむ独自の食事法を始め、運動ゼロ、カロリーを気にせず“やせるおかず”を“作りおき”して食べ続けたこと1年間で26kgの減量に成功。そのレシピを紹介したダイエット本『やせるおかず』シリーズが大ヒットし、本の2017年上半期作家別売り上げランキングでは、あの村上春樹氏に大差をつけて1位に。また、「AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン」のCMで「嵐」の大野智と共演するなど、活躍の幅を広げている。

また、女優で50歳の伊藤かずえも、この作りおきダイエットに挑戦、12kgの減量に成功。柳澤英子「やせおかシリーズ」番外編『伊藤かずえが12キロやせたレシピ』が6月7日(水)に発売されるが、痩せにくくなるといわれる40歳以上の人でも成功者が続出している。

編集者として数々の料理企画を担当してきたという柳澤氏は、赤ちゃんの頃からぽっちゃりで52歳時に73kgあったという。50歳を過ぎ、徐々に体調が悪化してきたことで、作りおきダイエットを考案。続けるために、ラクして痩せられるこの方法を見出した。

今回番組では、「ミートローフのトマトソース」や、小麦粉の代わりにおからパウダーを使った「ヘルシーニラ団子」、「チンゲン菜の味噌クリーム」など6品を紹介。女性番組AD2人が“やせおか”メニューでのダイエットに挑戦。彼女らは1カ月続けたことにより、それぞれ体重3kg/ウエスト16㎝、体重4.8㎏/ウエスト8.5㎝のマイナスに成功。特にお腹周りのスッキリ感は顕著に。

このVTRを見た国分は「お腹がすごいじゃん! 1カ月で結果としてでましたからね」と驚き、ダイエットに成功した番組ADが「美味しかった」と感想を明かすと、「それが大事だよね!」と同意。また、真矢も「美味しそうでしたね」と笑顔で感想を。

柳澤氏が作る料理は、“カロリーが高くても糖質が低ければOK”というルールで、お肉料理も多い。また、好きなおかずを組み合わせていつでもバランスの良い食事ができることも魅力だ。『全部レンチン!やせるおかず作りおき2』(小学館刊)など、簡単でヘルシーな様々な簡単つくりおきレシピがたっぷり掲載されている。

■『やせるおかず』シリーズ公式サイト:http://yaseoka.jp

オススメ記事
コメント
もっと見る
話題の人物
あわせて読みたい
Recommended by A.J.A.
注目記事

一覧へ戻る

ページTOP

ページTOP